This page:洗車コーティング実験室 TOP > 洗車方法 > 手洗い洗車の方法知識 > 手洗い洗車用品を揃える

手洗い洗車用品を揃える


スポンサード リンク



手洗い洗車を行うに当って必要な洗車用品(カーシャンプーやスポンジ)の選び方と解説。

■手洗い洗車に必要な洗車用品


売っている洗車用品なら間違いない?とんでもありません。見た目をキレイにするだけと状態を保つのでは天と地ほどの差がありますし間違えてしまえばそれまでです。

高額な洗車用品を揃えだしたらキリがありませんのでコストパフォーマンスとのバランスを考えた上で私の考える最良・最低限の洗車用品の知識を提案します。(ある程度はこだわります)

カーシャンプーを選び方

カーシャンプーは手洗い洗車の主役なので、詳細ページを作りました。次のページにカーシャンプーの選び方を公開させていただきましたので参考にしてください。

研磨剤の有無や錆止め成分などによってダークカラー、ホワイトカラーなど専用に分かれていますのでくれぐれも「何でもいいや」と言う様にならないようにしてください。

洗車スポンジの選び方

洗車ブラシなどもありますがスポンジの使用をオススメします。単純に傷の付きにくく、泡立ちのよいソフトなスポンジを選びましょう。目の細かすぎる硬いスポンジは洗車に適していません。

ある程度スポンジの目に細かい砂埃や汚れが逃げ込んでくれる方が好ましいからです。また泡立ちは砂埃などを泡の表面に浮かせてボディーを洗車傷から守る役目もあるため洗車において重要な要素を持っています。

最低限泡立ちの良さそうなスポンジを選んでください。スポンジはいい物を選んでも高額ではないので妥協はしなくてもいいのではないかと思います。

こだわりたい方はムートングローブを使用するのもいいと思います。細かい毛の中に汚れを取り込むので浮かした汚れをボディーにこすり付けない性能としては一品の洗車スポンジです(ムートンなんでスポンジではありませんが)

後の手入れが大変と言う話も少し聞きますが・・・

タイヤブラシの選び方

タイヤブラシは結構ブラシの硬さに違いがありますので気をつけて選びましょう。タイヤだけを洗うのなら硬いブラシでも問題ありませんがホイール兼用にしたいのであれば柔らかめのブラシを選びましょう。

DIYでおこなう洗車回数の程度であれば耐久性に不満を持つこともあまりないかとは思いますが柔らかめのブラシは耐久性に劣りますので承知の上でご選択ください

アルミホイールを装着しておりメッキやポリッシュ(切削・研磨)仕上げになっている場合はブラシで洗うと傷が目立ってしまう場合がありますのでボディー同様スポンジで洗うことをオススメします。

便利なタイヤブラシは水を流しながらブラッシングできるコイルホース&ブラシセットなんかがありますが効率がよくて汚れの落ちがよくわかりますし、水を流しながらの作業なのでホイールに傷がつきにくくなります。

またホイールハウスなどの泥汚れが激しい部分には重宝する洗車用品です。(ホイールハウスは固めのブラシでゴシゴシ洗えたほうがいいです)贅沢を言ってしまえばこの辺も使い分けが出来ればベストです。

と言う事で便利なコイルホース&ブラシセットとメッキホイールやポリッシュホイールの場合はホイール専用のスポンジがあれば良いということです。

■水分ふき取りクロス、セーム革について

水分の拭き取りにはセーム革の御使用をオススメします。ただ本物のセーム革を購入すると値段が張りますのでセーム革タイプの合成化学繊維のものが一番オススメです。

雑巾などでふき取ると繊維が残って見栄えが悪いですがセーム革は不織なので繊維というものがありませんのできれいに拭き取れます。(※ワックス類の拭き取りには使えません)

さらにソフトで拭き取り傷が付きにくく吸水性も雑巾の数倍、汚れても洗って使用でき、耐久性も数倍ということから考えて、性能、経済性も申し分ないと思います。

実際にカーディーラー勤務のときも使用していましたし、現在の会社でもボディーケア・コーティング部が使用しています。 (多くのカーショップや洗車屋さんでも拭き取りに合成セームを使用することは定番です)

どれを選んでいいのか分からないならアクアドライという合成繊維セーム革を選べば間違いありません。合成繊維系のセーム革の中では少し値が張りますが吸水性、耐久性とコストパフォーマンスにおいて私がオススメできるようなものはこれくらいです。

その他必要な物

後はキャタツ・バケツ・細かい部分用の細いブラシなんかがあると便利かと思います。とりあえずワックス、コーティングや塗装ダメージ対策に関連する用品を挙げれば沢山ありますが手洗い洗車のみであれば上記の用品で事足りてしまいます

スポンサード リンク