This page:洗車コーティング実験室 TOP > 洗車方法 > 手洗い洗車の方法知識 > ポリマー施工車の洗車方法

ポリマー施工車の洗車方法


スポンサード リンク



ポリマーコーティング施工車の洗車、アフターメンテナンスの注意点について

■ポリマーコーティング施工済み車の洗車注意点


研磨剤入りクリーナー・カーシャンプーは使用しない。

白・淡色専用カーシャンプーには望まずとも研磨剤が入っている場合がありますので十分に注意してください。研磨剤入りの場合は大抵ラベルに「ポリマーコーティング施工車には使用できません」の表示があります。確認しておきましょう。

ポリマーコーティングの種類が例え超硬質被膜を誇るガラスボディーコーティングであったとしても、5年保証が付いているディーラーのペイントシーラントなどでも同じですが基本的に専用のメンテナンスクリーナーを使用する事が大切です。研磨剤によって徐々に剥離する可能性があります。

これを守らずに研磨剤入りの水垢落としを使用した場合はコーティングの保証は効かなくなる場合がほとんどなので十分に注意して洗車をしてください。

DIYのコーティングであれば保証などは最初からありませんが効果の失効などを引き起こし無駄な手間がかかってしまう恐れもありますのでこの辺の知識は持っておきたいところです。

基本は専用メンテナンス用品を使用する

業者施工のポリマーコーティングなどには有名なコーティングになれば専用のメンテナンスクリーナーが存在しており定期的にメンテナンスをすることが奨励されており、保証を継続的に受けるための義務にもなっています。

DIYのポリマーコーティングの欠点はアフターメンテナンス用品が充実しておらず、その方法も不透明な製品が多いことです。売ったら売りっぱなしと言う印象であまりよろしくはありません。

しかし最近では意識の改革からかブリスのように専用のメンテナンス用品が充実したコーティング剤もあり、施工方法やアフターメンテ、トラブル対策などもサポートしているようです。

ダメージやシミを放置しない

自動車のボディーは思った以上に過酷な条件に晒されています。たとえポリマーコーティングが施工されていても過信は禁物です。業者施工のコーティングをしているユーザーは保証書をご覧になってください。

かなり厳しい内容の保証条件で驚くことも少なくないでしょう。DIYであっても同様で自己責任なだけに少し気を使ってボディーを見てみたほうが良いと思います。塗装ダメージ、シミの対策に書かれているような汚れを放置しないようにしましょう。

■通常の洗車は手洗い洗車+ノンコンパウンドカーシャンプーで手入れ


洗車方法としては機械洗車機を避けて手洗い洗車を実行しましょう。ブラシ洗車機はポリマーコーティングの効果を短くする恐れがあります。基本的は上記に挙げた注意点を考慮したうえで正しい手洗い洗車の手順にそって洗車を行えば問題ありません。

あとは再三書いているノンコンパウンドのカーシャンプーを使用することです。例としてあげるとボディークリンなどは余計な成分を含んでいない、純粋に油分などの汚れを界面活性剤だけで分解しようという方向性のカーシャンプーなのでおすすめです。

これでポリマーコーティング施工車の洗車方法と注意点は問題なく行えるはずです。業者施工の場合は特に保証などの問題も絡みますので間違いの無いように行ってください

スポンサード リンク