鉄粉対策の知識


スポンサード リンク



鉄粉に関する知識、付着しやすい環境、回避方法など対策も。

■鉄粉対策について

それでは鉄粉とは何か?鉄粉除去方法、鉄粉の付着しやすい環境、鉄粉除去剤の使い方、選び方など順を追って説明します。

自動車に付着する鉄粉とは

せっかく車の洗車をしたのにボディーを拭き取るときにざらつきを感じて、しかもそれがいくら拭いても落ちないなんていう経験はありませんか?そしてよくよくボディーを観察してみるとオレンジ色の点々が・・・それが鉄粉というやつで、オレンジ色になっているのはサビが発生しているためです。

鉄粉の正体は自動車のブレーキダストの一部、塗装粉、などが代表的ですが自動車自体金属の部品だらけなのでさまざまな部分から鉄粉が発生し走行風などによって巻き上げられてボディーに付着します。

鉄粉がなぜ洗車で落ちないかというと粒子が尖っていているため付着すると塗装に刺さってしまい普通洗車をしても鉄粉は塗装皮膜にますます埋まっていきます。また錆びていくことによって強力にボディーに定着します。

このまま放置すると塗装膜を突き破ってサビの範囲をボディーまで浸透させ塗装やボディの外観を著しく損ねると共に塗装の寿命も縮めてしまいます。

■鉄粉の除去方法

ボディーや塗装に深刻なダメージを与える鉄粉ですのでできればキレイに除去したいところです。そんなわけで鉄粉除去方法を二つほど挙げさせていただきます。以下は簡単な概要ですが詳細な作業要領などは別途鉄粉除去の方法(やり方)をご覧ください。

粘土クリーナーによる鉄粉の除去

洗車で完全に汚れを落とし終えた後、鉄粉除去専用の粘土クリーナーで水をたっぷりと流しながら水膜が切れた状態で粘土を擦らないように塗装面を滑らす感じで縦横に動かす。滑らすイメージです。

水を流さない状態で粘土クリーナーをかけたり、強く擦ったりすると粘土には鉄粉が吸着されるわけですから当然傷が付いてしまいますので注意しましょう。滑りを良くする為に洗剤を少量使用するのも有効です。

洗剤を利用した手段は鉄粉の除去能力が若干低下しますが、水を掛け流しに出来ない環境で部分的に処理するに当たっては有効と言えます。

粘土クリーナーのデメリットはどんなに丁寧に作業をしても細かいスクラッチ(擦り傷・ひっかき傷)を作ってしまうことです。擦ることによって粘土に抱え込むので仕方ないとはいえ、濃色車では意外と目立ちます。

鉄粉量が多ければ多いほどリスクが高いので溜めこまないようにするのも普段のメンテナンスのポイントです。

ケミカル・スプレー式鉄粉除去剤による除去

これも洗車をした後に濡れた状態で使用します。スプレーするだけで鉄粉除去できるタイプで、こちらの方がボディーに傷が付きませんし簡単で便利です。

物理的に削ぎ取る粘土よりも効果が薄いですが、このケミカル系の鉄粉除去剤を使っておくと、完全除去できなかった場合でも、粘土を合わせて後から使った場合の除去率がかなり高くなります。

簡単に取れるので粘土を使用した時のスクラッチも減ります。鉄粉除去剤は強力な還元剤で、鉄粉の定着原因である錆び(酸化物質)を還元溶解してボディーから定着を解除する働きがあります。

よって完全に取れなかったとしても定着自体は間違いなく緩くなり、粘土を使った時の効果が非常に高くなるという相乗効果が期待できるわけです。

デメリットとしては、鉄粉は大体の場合ボディー全体にわたって付着してしまうため除去うっ剤は一度に結構な量を使ってしまうと思います。ということで、経済性を考えると粘土クリーナーの方が上です。

また強力な還元作用をもつケミカルである以上塗装に対する攻撃性はゼロではありません。使用時には長期放置や乾燥などを避けるといった基本的な危機意識は持っておかなければ痛い目に逢うこともあります。

■鉄粉の付着しやすい環境

交通量の多い国道やトラックなどが行きかう工業地帯などでは鉄粉の量も多く1ヶ月も走行していればあっという間に鉄粉が付着してザラザラになってしまいます。線路のある高架橋下も最悪です

道沿い、または線路沿いに駐車場があれば走っていなくても鉄粉が積もるという不幸も起きてしまうのが現状です。逆にこのような環境下でなければ鉄粉はさほど気になるようなものではないかと思います。1年に一回程度チェックしてみる程度で問題ないかと思います。

■鉄粉を防ぐ方法

残念ながら鉄粉を完全防御する方法を私は知りません。・・・と言うか完全に防御することは車に傷がつかないようにしてくれ、といっているようなものですから事実上不可能かと思います。

出来るだけつきにくくするというなら可能で、ワックスや石油系のポリマーよりもガラス繊維系や硬化系ガラスコーティングのような無機質な皮膜を形成するタイプのコーティング剤が圧倒的に鉄粉付着防止性は高いです。

私も工業地帯を含む国道がメインルートなので鉄粉に関しては定期的な除去で対応していましたが、ガラス系コーティング剤を使用し始めてから鉄粉がかなり付きにくくなりました。

ガラス繊維系コーティングでは、ハイエンドのナノ黒CG-1PRO 、スタンダードのブリスXクリスタルガード・ワンプレストコート等が弱点も少なく使いやすいコーティング剤です。

硬化系のガラスコーティングはメンテナンスや施工失敗時のリカバリーが困難であったり、イオンデポジットに対する弱点があったりしますが、g-hardリアルクリスタルなんかが代表的なDIY製品として存在します。

あとは基本中の基本ですが、鉄粉がボディー上で錆びていくことによって定着が強くなりますので、洗車の頻度を高くすることも鉄粉の付着対策になります。下手にコーティング剤に依存するよりも効果的です。

■ガラスに鉄粉は付着するのか?

鉄粉といえど鉄よりも硬度の高いガラスに刺さりこむことはありませんが付着しないわけではありません。鉄粉付着の主原因はむしろ上に乗った後に錆びる事によって定着しますので当然ガラスにも付着する可能性はあります。

しかしながら硬度の高いガラスは刺さりこみによる被害は無いのでボディーと同様に鉄粉除去剤粘土クリーナーで除去することが出来ます。


スポンサード リンク