This page:洗車コーティング実験室 TOP > 内装クリーニング・加工 > 車内消臭・清掃 > 車のフロアカーペット清掃・消臭

車のフロアカーペット清掃・消臭


スポンサード リンク



取り外しの利きにくい車のフロアカーペットを清掃、消臭する方法について

■車のフロアカーペットについて


まずフロアカーペットについての説明ですが、車のフロアカーペットとはフロアマットの下、ボディーのフロアに敷いてある金属面と直接接しているカーペットのことです。高級車などはカーペットの下にさらに厚いアスファルトシートなどの吸音材を設けています。

アスファルトシートと一体になっていたり内装に敷きこまれていたりするため、フロアカーペットを全てはがす作業は水没車の修理以外ではほとんどありません。

■車のフロアカーペット清掃


1,車上でのフロアカーペット清掃

上記で少し書いたとおりフロアカーペットは取り外して清掃という作業が現実的ではありませんので、車上で行う清掃方法がメインです。

したがって水分を多く使用する清掃方法は不向きなので掃除機などをメインで清掃を行います。まずフロアマットを全て外しておきましょう。

ハンディータイプのクリーナーでも構いませんが水などでも吸引できる乾湿両用クリーナーかコイン洗車場などの掃除機の方が吸引力が高くオススメです。ハンディークリーナーはバキュームホースが付いた掃除機をかけにくい場所などのために補助的に使用しましょう。

もっときれいにしたい場合はシートクリーナーを使用します。シートクリーナーをまんべんなく吹きかけて2~3分放置します。その後、上から吸水性の良いタオル(新品はダメです)で押さえつけるように水分を吸い取ります。

この押し付けによる拭き取り方法はフェルトのような不織布になっているフロアカーペットの汚れを取るのに適してます。一通り終えたら全体的に何度か撫でるようにふき取って終了です。

作業効率を上げたい場合やしつこい汚れを除去するには最終的に強力な(1000w以上)乾湿両用のバキュームクリーナーが必須になると思います。結局のところシートクリーニングなどでも使用できますし車ネイ清掃を本格に行うのであれば購入して損はありません。

2,取り外してのフロアカーペット清掃

取り外して清掃しなければならない水没やその他の事情がある場合はDIYで行えるか不明ですが一応一通りの流れを説明させていただきます。

まず通常ボルト4本で固定されてるフロアに取り付いているシートを外します。跳ね上げ式は跳ね上げてください。次にフロアカーペットが敷きこまれている内装を全て取り外します。

一通り取れたらカーペットを固定しているクリップ及びスライドシートが付いている車種ではスライドレールのカバーなどの取り外しも必要です。全て外れたらフロアカーペットを外します。

コレで洗浄を行えばいいわけですが取り外しても丸洗いするには大きすぎるので高圧洗浄機などを使用して汚れを飛ばして後は干して乾燥させるくらいしかできません。どちらにせよ外すほどのことがあったら新品に交換のほうが手間がかからないでしょう。

※追記:乾湿両用バキュームクリーナーを使用すれば洗浄後の水分を吸い取ることによって乾燥時間を劇的に短くすることが出来ます。濡れた状態が長いと雑菌が繁殖するリスクが高くなりますので水分の除去はなるべく早く行いましょう。



3,フロアカーペットに一手間加えて車内消臭

フロアカーペットの上にはマットを敷く人が大半なので掃除機以外で時間をかける必要もそんなにないのですが一手間加えることで車内環境をリフレッシュすることができます。

フロアマット(カーマット)を外した状態でフロアカーペットの清掃が終わったらファブリーズのような除菌消臭剤を軽く全体に吹きかけて好きな香料などを軽めに吹いておきます。本格的に消臭、除菌効果を出したい場合はAg殺菌+酸化チタンの光触媒脱臭のネオクリアをオススメします。

こうしておくと車内消臭プラスαでさりげない香りがして掃除をしただけではない感じがします。ただし香りの効果はそんなに長くは続きません。

スポンサード リンク