This page:洗車コーティング実験室 TOP > 洗車方法 > 塗装ダメージ、シミの対策 > タールピッチの除去方法/対策

タールピッチの除去方法/対策


スポンサード リンク



タールピッチクリーナーの注意点、使用方法とタール・ピッチの除去方法。

■タール・ピッチとは


タイヤハウス後ろあたりに黒いものが飛び散っていて洗車だけではまったく落ちないという経験はありませんか?アレがタール・ピッチと呼ばれるもの(総称)です。

舗装中、舗装直後の乾ききっていないアスファルトを走行したときにタイヤで跳ね上げてしまってボディーに付着してしまいます。

アスファルトに含まれている成分で通常の洗車ではカーシャンプーなどを使用しても容易に分解はしません。除去するには専用のタールピッチクリーナーが必要になります。

■タールピッチクリーナーで除去


タールピッチクリーナー使用上の注意点

タール・ピッチの除去方法としては専用のクリーナーが必要になります。粘着性のタール成分なので洗剤などでは容易に分解しないためタール・ピッチクリーナーには溶剤が含まれており使用には注意が必要です。

まずタイヤやゴム製品に付着させない事が一つ。万が一付着してしまった場合は直ちに洗剤などで洗い流してください。侵食が早いので後で洗うのはNGです。

もう一つは使用するボディーもかけっぱなしなどにしないことが必要です。一般的に市販されているタール・ピッチクリーナーはボディーの塗装面に悪影響を与えないようには配慮してありますが、溶剤である以上全く影響がないとは言い切れません。

タールピッチクリーナーの使用方法

まずタールピッチクリーナーを使用する前に洗車、または付着している付近の泥や砂などはあらかじめ落としておくことが基本です。またタール、ピッチは粘着質で泥などと複合している為、拭き取り時にこれらを引きずってしまわないように注意が必要です。

ボディーに直接吹きかけると他の部分に飛散する可能性もありますので、柔らかい布などにスプレーしてしみこませて拭き取るのがベストです。

説明の参考にさせていただいているクリーナーはピッチクリンと言うピッチクリーナーですが、このような使用方法でも十分に効果を発揮し、軽く拭き取るだけでも用意にタール・ピッチを分解することが可能です。

■タール、ピッチと塗装ダメージ


タール、ピッチは通常ならクリーナーで落とせばそれで終わりなのですが、長期間付着したまま放置されていたり、塗装が元々荒れていると塗装に侵食する可能性があります。

そのためにもタール・ピッチが付着した場合は、樹液や鳥糞、虫、花粉などと同様に早めの除去が塗装を痛めずきれいなボディーを保つ秘訣となります。

また日ごろからワックスやコーティングを怠ってなければタール・ピッチ程度では容易に塗装に侵食することはありません。

特に防汚性能の高いガラス繊維、フッ素樹脂混合型ポリマーコーティングの ブリスXやテフロン樹脂コーティングのタフガード等は高い性能を有しています。

スポンサード リンク