This page:洗車コーティング実験室 TOP > 洗車方法 > 足回り・下回り洗浄 > タイヤワックス・クリーナー

タイヤワックス・クリーナー


スポンサード リンク



タイヤクリーナーとタイヤワックスの選び方、それぞれに求められる性能と効果の違い

■タイヤクリーナー、タイヤコートの選び方


タイヤクリーナーに求められる性能

タイヤクリーナーは読んで字のごとく、タイヤの汚れを落とす為のクリーナーです。タイヤの汚れは主に泥汚れなどが多いのですがブラシで擦っても思うように落ちてくれなくなります。

本当のところタイヤはゴム製品であり、本来含まれている油分により劣化・ひび割れを自己防衛していますので例え有機溶剤等を含まないクリーナーであっても脱脂能力の有る洗剤等はなるべく控えたほうが良いと思われます。

とはいえタイヤが汚いだけでキレイに洗い上げた車が全体を見たときに妙に際立ってしまい不快である事はあります。ベストなのはカーシャンプーとブラシで擦り落とせる汚れはあらかじめ落としておきます。

その後はタイヤワックスに依存してしまうのです。タイヤワックスを掛けてしまえばタイヤの表面上の汚れが落ちていればゴムに残ったムラのような汚れは目立たなくなりキレイに仕上がります。

洗浄成分入りのワックス剤などは避けましょう。「タイヤをキレイに洗浄して同時にワックス」と言うタイプです。大変便利ですが洗浄成分がコート剤の中に残留してタイヤの早期劣化を促進する可能性があります。

■タイヤワックスの選び方


タイヤをキレイに見せるのにはタイヤワックスが一番です。下手に「汚れを落とす」事に専念してしまっては逆にタイヤを痛めてしまう結果になりかねません。そもそもタイヤは劣化、消耗する部品なのでボディーとは考え方が異なります。

よってタイヤはキレイに見せ、更に保護も行えるタイヤワックスが美観を整える為には最も適している方法なのです。タイヤワックスにも水性、油性などありますので好みによって使用を変えてみましょう。特徴は以下の通りです。

最新型タイヤワックス

タイヤワックスは従来液状であり走行中に飛散してボディーに付着するなどのトラブルも散見されましたがこのタイヤワックスは固形で、飛散の心配がなくボディー、ホイールへの影響がありません。

私が注目しているのはTC-MAXと呼ばれるレジンポリマー配合の洗浄成分、界面活性剤無しの完全なタイヤコーティング剤です。艶、耐久性、防汚性どれも油性を上回り施工性も良いことからタイヤワックスの主流となっていくかもしれません。

水性タイヤワックス

タイヤ本来の自然な艶をだし、新品タイヤのような質感を出すことが可能です、私の職場ではタイヤ交換車両には水性タイヤワックスを施工して出庫します。なぜなら水性の場合汚れの吸着性もなく、自然な艶で万人受けするからです。

ただし耐久性は弱いので一回洗ってしまうとほぼ落ちてしまいます。その分再施工も容易にできますので回数で補うのも良いかと思います。タイヤの保護性能もそれなりです。

油性タイヤワックス

艶に優れ、保護性能も高いので油性タイヤワックスは最もオススメタイプです。油性と言ってもそのほとんどはシリコン系の成分によるものでタイヤに悪影響は与えません。

美観重視タイプほど膜厚や艶には劣るものの、その分汚れの吸着性もそこそこ低く抑えられています。保護効果と美観、アフターメンテナンスのバランスを考えると最も実用的なのが油性タイヤワックスです

美観重視型タイヤワックス

油性タイヤワックスの中でもシリコン系の重合体によってコーティングに厚みを出しより黒い深みのある艶を出すことが可能で、モーターショウや展示車両などに使用されるケースが多いです。

欠点としてはコーティングに膜厚があり粘性もあるため汚れの吸着性が高く、汚れてしまうとコーティング剤と結合した汚れになるため落としにくい点です。重ねがけによって美観を戻すことは可能ですが走行環境が悪いユーザーにはオススメできません。

油性タイヤワックスPROなどがそれにあたります。艶、耐久性は通常の油性タイプのタイヤワックスを凌ぎます。

スポンサード リンク