This page:洗車コーティング実験室 TOP > 洗車方法 > 足回り・下回り洗浄 > アルミホイール手入れ・洗い方

アルミホイール手入れ・洗い方


スポンサード リンク



アルミホイールの手入れ方法とコーティング。表面加工による手入れの違いなど。

■一般的な塗装アルミホイール


私が通常のアルミホイールと定義しているのはよくスタッドレス用などのホイールで安売りされているシルバー塗装のアルミホイールのことです。

このようなアルミホイールはアルミ鋳造ホイールに耐熱塗料と耐熱クリアで塗装されており意外と耐久性も坊汚性も優れたホイールです。

シルバー塗装されているためブラシで擦っても傷が目立ったりすることもなく気軽に使用できます。ただしソリッドブラック塗装などはブラシで擦るとすぐに傷が目立ってくすんでしまいます。

またホワイト塗装のホイールはスポーツ系の軽量ホイールで見られますが、これらもブレーキの熱の影響を受けるホイールでは汚れの焼き付き等が目立ちやすく手入れが大変です。

1,アルミホイールの手入れ方法

一般的なアルミホイールの手入れ方法としてはカーシャンプーを規定量で希釈したものを使用して洗車用のブラシで擦ってしまって構いません。ただ傷を付けたくない場合は洗車用スポンジを使用しましょう。

通常はクリアまたはカラー塗装されているため表面がザラザラの加工をされていない限り汚れはスポンジでもすぐに落ちてしまうはずです。(ザラザラはアルミ鋳造でそのままの加工など)

ただし放置しておくと汚れは(ブレーキが発生する熱の影響で)焼きついてしまい変色したようになりナカナカ落ちてくれなくなってしまいます。ホイールキャップなども同様の汚れが焼きつくことがあります。

このような場合は汚れを強力に分解するホイールクリーナーを使用して焼きついた汚れを分解してしまいましょう。ブレーキダストの焼きつきなどはカーシャンプーで落とすには少し厳しい汚れです。

推奨ホイールクリーナーはホイールクリン、ブレーキダストなどが固着した激しいホイールの汚れを落とすにはホイールクリーナー"デュアル"です。

2,アルミホイールの保管

アルミホイールの表面に酸化反応を防ぐための塗装がしてあります。ボディーの塗装のように劣化しますので保管する時はホイールクリーナーできれいにして無機系のホイールコートで表面保護をして直射日光を避けた場所に保管するのが基本です。

ココまで神経質にならなくても洗ってから直射日光の当たらない場所に保管するくらいは最低でも守っておきたいところです。

■アルミホイールの種類


クロム硬質メッキ、スパッタリング(真空蒸着メッキ)、ポリッシュ仕上げ、つや消し仕上げ、アルマイト仕上げなどアルミホイールの表面処理は多彩です。

この表面処理に合わせて手入れの方法も変わってきますので表面の仕上げ加工に対する手入れ方法の知識が必要になってきます。

メッキ仕上げは傷つきの原因に、アルマイト仕上げでは退色、変色、脱色の原因となり外観を損なう可能性がありますので表面処理に対する手入れ方法は重要です。

■アルミホイールコーティングに関して


アルミホイールの表面処理は様々ですが多くはボディーと同じくクリアコーティングによってアルミの参加を抑止して輝きを保っています。よってホイールコーティングは劣化予防に最適な方法といえます。

耐熱性が高く酸化しない性質のホイールクリスタルやガラス系コーティング剤のクリスタルガードワンブリスXなどをボディー用と併用して使用するというのも一石二鳥で私はこの方法をオススメします。

ただし経済的にはガラス繊維系コーティング(ブリスなど)と併用した方法が有利ですがホイール専用コーティング剤のホイールクリスタルはそうですが純ガラス被膜を形成する「シラン系」の効果には硬度、耐久性共に及びません。

適用適所で専用製品にこだわりたい場合はホイールクリスタルの使用をオススメします。ホイールクリスタル+クリーナー"デュアル"が事実上最もオススメなクリーナー&コート剤です。

スポンサード リンク