This page:洗車コーティング実験室 TOP > 洗車方法 > 足回り・下回り洗浄 > ポリッシュホイール手入れ方法

ポリッシュホイール手入れ方法


スポンサード リンク



ポリッシュホイールの手入れ方法としてクリーナー、コーティング剤などについて


■ポリッシュホイール手入れ前の注意点


メッキホイールとは異なった輝きを放つポリッシュアルミホイールは表面がクリアコートになっています。このクリアコートを劣化させないことがポリッシュアルミホイール手入れの鍵になっていますので参考にしてください。

※走った後はブレーキの熱でホイールが加熱している可能性がありますので、冷えてから手入れを行ってください。洗剤やクリーナーが焼きつく原因にもなりますし火傷をする可能性もあります。

■ポリッシュ加工アルミホイール


ポリッシュ加工のアルミホイールとは鋳造(型から抜き出して製造)したホイールの表面に輝きを持たせるためにポリッシュ(磨き)をかけてからクリアコートの耐熱塗装をしたホイールです。

ポリッシュの加減によって様々な輝きが得られ、メッキに比べるとアルミの素材本来の輝きなので重厚感は出ませんが鮮烈な白っぽい輝きが特徴です。

鏡面バフがけポリッシュホイール(ダイヤモンドポリッシュなど)は輝きだけならメッキと同等なのでもしかしたら鏡面バフがけポリッシュ仕様のアルミホイールをメッキだと思ってしまっている可能性もあります。

とはいえ鏡面仕様のポリッシュホイールは価格も高額でスパッタリング(蒸着メッキ)と大差ない価格なので、そう出回ってはいませんし種類としても限られます。

ポリッシュホイールの多くは磨きというよりも切削加工で、目の粗さなどによって削り目が出てしまいますが、逆にその効果で虹色のような輝きを出すことも可能な加工方法です。

■アルミポリッシュホイールの手入れ方法


アルミポリッシュは通常のアルミホイールと同じく耐熱クリア塗装が上塗りなので洗車ブラシでも構わないのですが、下地のポリッシュ面がきれいなので通常のアルミホイールより傷が目立ちやすくなっています。

そのため傷が気になる場合は高圧洗浄で泥塊などを除去してからスポンジで洗うというメッキホイールと同じ様にスポンジで洗うのがベストです。

クリア塗装が決壊するとアルミは一気に侵食(アルミは表面酸化が激しい金属です)されますので傷などには注意するに越したことはありません。

アルミホイールクリーナー

クリーナーやホイールコートの使用はボディーの洗車後に行うことをオススメします。メッキホイールではないので汚れがひどい場合はブレーキダストなども強力に分解するホイールクリーナーなどを冷えている時に乾かさないように使用しましょう。

市販品の中ではシュアラスターのホイールクリーナーがオススメだったんですが、ブレーキダストや鉄粉分解能力に関してはホイールクリーナー"デュアル"に分があるといった感じです。

ホイールクリーナー使用時は熱い時を避けてクリーナーをかけっ放しにしないようにしましょう。アルカリ性のクリーナーが多いので表面のコート層が侵食されて染みが残る可能性があります。

ポリッシュアルミホイールコート

またメッキとは輝く性質が根本的に違うポリッシュ加工の場合はクリアー塗装がくすんでくると輝きが著しく低下しますがホイールコートなどを行えば幾分復活して輝きを取り戻せます。

また通常のウレタンクリアコートだけでは数年でクリアコートにヒビのようなものが入り見栄えが悪くなります。

このような事態を防ぐにはホイール塗装の業者さんにハードコートを施工してもらうか、自分でガラス系などの強力なホイールコートをかけるかです。

ホイールコートは汚れの付着防止、傷つきの抑制等にも高い効果を発揮しますのでクリアー塗装が命のポリッシュ加工ホイールには欠かせないものだと思います。

ホイールコートはワックス成分を含んだ艶出し有機系が多いのですが無機の硬質皮膜形成をするホイールクリスタルなどの使用が好ましく、耐久性や保護性能も高いと言えます。

またボディー用のコーティング剤としてすでに高い評価を得ているガラス系コーティング剤のクリスタルガードワンブリスなどをボディー用と併用して使用するというのも一石二鳥で、私はとりあえずこの方法をオススメします。

上記で紹介したホイールクリーナーで十分に汚れを落としてから使用することでその効果は十分に引き出すことができるはずです。

■鏡面、削りだしポリッシュホイールについて

鏡面ポリッシュ加工(ミラーポリッシュ)、アルミ削りだし加工(鏡面切削加工)などポリッシュホイールは呼び名が様々ですが、通常ポリッシュ加工はアルミ表面に加工をした後にクリアコートを施します。

したがって手入れをするホイール表面の状態としてはどのタイプも同じなので同様の方法でクリーナー及びコーティングを行って問題ありません。

ただしミラーポリッシュとアルミ蒸着メッキを勘違いしやすいので注意してください。見た目はほぼ変わりません。

スポンサード リンク