This page:洗車コーティング実験室 TOP > 車磨き・バフ研磨 > バフ研磨方法・手順 > 車磨きの前準備・重要項目

車磨きの前準備・重要項目


スポンサード リンク



バフ研磨による車磨きを始める前の準備段階の作業手順と重要な注意点、コツなど

■車磨きの前準備


車磨きを始める前の注意点を読んで車磨きをはじめるに当たって最低限の環境を整えたらいよいよ磨きに入っていくわけですが、素人がDIYでポリッシャーを使用してキレイに仕上げるにはとにかく丁寧に気を使って作業するしかありません。

■マスキングの実施


未塗装部分とゴム部品への付着防止

ポリッシャーとバフ、コンパウンドを使用してバフ研磨をするわけですが、コンパウンドは基本的に未塗装部分(黒のむき出し部分)やゴムモールなどには使用不可能です。

その部分を避けて磨きを行えば良いのですが、ハイパワーのポリッシャーを使用するのであればなおさらですが、そんな細かい制御をするならマスキングテープ で覆ってしまった方が断然作業効率が良いのです。

更に未塗装部分やボムモール等はコンパウンドが付着して乾燥すると取れにくく白く目立ってしまう可能性もありますのでマスキングはプロでも当たり前のように行っています。

凸部分の磨きすぎ防止措置

ドアモールやエッジ部分などの凸部分は単純に磨き作業を行っていると研磨力が集中してしまい塗装の透けなどが発生する可能性も十分にあります。

特にドアモールなどのパーツは塗装がボディーより薄く、更に研磨の力が集中しやすいことからドアモールのトップは十分に注意して慎重に磨くがあらかじめマスキングで研磨が集中しないような措置をとります。

バンパーも車種、グレードによっては塗装が薄く透ける可能性がありますので、エッジ、カーブの部分研磨に関わらず磨きすぎには十分注意が必要です。(基本的に高級車は塗装がしっかりしており、国産車は特にハッキリ区別されている。目視判断可能)

■バフ研磨による車磨き最終チェック


機械磨きをDIYで行うのは細心の注意が必要なのを痛感しておりますので最終的に最も失敗しやすい落とし穴について挙げさせていただきます。

隙間からの水分に注意!

当サイトの「バフ研磨による車磨き」の工程では車磨きを始める前の注意点でも書いたとおり、始める前の環境、洗車を行いボディーの状態を確認しましょう!という事が書かれています。

これで完璧なのですが失敗しやすいのが洗車をした後に、隙間から出てくる水による失敗です。これだけでは何のことやら理解できないかと思いますので解説します。

後ダレ水分に含まれているのは何!?

このように洗車後にドアハンドル、バンパーの反射板、ヘッドライト、ウィンカーの隙間から出てくる水分、特にダブルアクションポリッシャーの微細振動によって後から垂れてくるのですが、これらには砂などの硬質で細かい物質が含まれている可能性があります。

車の構造や使用状態に大きく関係するのですが、例としてバンパーを磨いていたら反射板の隙間から大量に砂を含んだ水が垂れてきて大惨事に・・・知っていれば防げたことですが知らなければ急には対応できません。結果傷だらけです。

このようなことも有ると言うことを十分知った上で作業をしましょう。ですからカテゴリ洗車方法・手順では「裏技洗車方法で更にキレイに」というページで水分の後ダレの拭き取りとバキュームクリーナーによる水分の吸い取りを推奨しています。

スポンサード リンク