自動車内装の清掃と艶出し


スポンサード リンク



インパネ、ルーフなど車の各自動車内装部品の清掃方法、用品について

■インパネ・ダッシュパネル・ドア(プラスチック内装全般)のクリーニング


1,艶を好まない場合の自動車内装の清掃

内装クリーニング剤の多くにはシリコン樹脂やカルナバ油脂などを配合した艶出しタイプのものが有りますがそのような艶出し剤を好まない方には濡れ拭きではなく乾拭きをオススメします。

最近の内装は艶出しに適していないシボ(凹凸形成)が入っていて艶出し剤などがうまく使用できないというケースも多いので、そのような場合はこちらを参考にして下さい。

最初は乾拭きから始めます。ダスキンなどは埃を吸着してくれますので便利なアイテムです。カー用品で代用する時はワックスやコンパウンド拭き取りで使用するフィニッシング・クロスなどのマイクロファイバーのクロスがオススメです。

乾拭きしただけでは物足りない場合は車内の除菌、とフッ素ポリマーの働きによって坊汚効果が付与できるシャロンセットがいいでしょう。何がセットかというと内装用の拭き取りクロスがセットになっているためまだ何も持っていない方におすすめです。

ワンポイントアドバイスとしてはシャロンセットのクリーナーにはイソプロピルアルコールという殺菌アルコール剤が含まれているため、お子様がいる方は(私もですが)ドアのインナーハンドルなどよく触る部分に有効です。

こびりついてしまったジュースなどはクリーナーなどを使用しても強力な効果がすぐに得られるものではありません。アルコール成分を含むシャロンセットのクリーナーもこれらの汚れには強力な部類ですが、最初は蒸しタオルなどを乗せてふやけさせてから水拭きで拭き取ります。

2,艶出し兼用自動車内装の清掃

内装クリーナーの多くは艶出し剤を含んでいます。艶出し剤のいいところは単純に艶があるからキレイに見えるというところにもあると思いますが、他には表面保護や内装の引っかき傷などを目立ちにくくする効果が期待できます。

艶出しクリーナーを使用するに当たって最初は乾拭きから始めます。私が水拭きをオススメしない理由は埃などを完全に拭き取れずに埃の拭きムラのような感じになってキレイに見えないからです。

乾拭きにはダスキンなどが便利ですがカー用品で代用する時はワックスやコンパウンド拭き取りで使用するフィニッシング・クロスなどのマイクロファイバークロスがオススメです。

艶出し剤は専用の用品を購入しなくてもカーワックスと兼用にすることもできます。ゴールドグリッターエボリューションプレクサスアクアクリスタルブリスなどは車の内装部分の艶出しにも効果を発揮し植物性の油脂などを使用していませんので被膜劣化も起こりにくくなっています。

内装の艶出し専用用品を省きたい場合は以上のボディーコーティング剤、カーワックスと兼用にすると経済的ですし大きな効果も得られると思います。塗りこみが終わったら最後にマイクロファイバークロスで磨くとよりいっそう艶が出ます。

専用の用品を選ぶ時はカルナバロウのような植物性油脂よりシリコンポリマーのような艶出し剤をお奨めします。内装なのでシビアになる必要はないのですがカルナバは植物性油脂なので豊かな深い艶の代償として劣化が早いためです。

■ルーフヘッドライニングの汚れ落とし


ルーフヘッドライニングとは車の天井にある内張り内装で、バンや軽自動車などではビニール製の場合も有りますが、ほとんどの場合毛羽立ったフェルト地のようになっているはずです。

このため汚れが付いてしまうと容易にクリーニングすることができません、水拭きでもしようものなら汚れは広がりますし、拭き取った痕が残ってしまってかなり外観を損ねます。

このような事態を防ぐためには叩き拭きしかありません、最初は泡状のシートクリーナーなどを吹きかけて1分程度放置します。その後吸水性の良いタオルやマイクロクロスを指に巻いて、範囲を広げないように叩き拭きします。

指先でそんなに強く叩かずに素早く細かく叩きます。もし油脂系の汚れで全く落ちる気配が無ければブレーキクリーナーを少量しみこませたタオル、マイクロクロスを指に巻いて同様に叩き拭きを行います。

汚れが落ちてきたらすぐにタオルなどの叩く面を換えてください、何回も面を換えながら根気よく少しずつ汚れを落とすのがきれいに落とすコツです。

ブレーキクリーナーを使用する場合は指定のワコーズ ブレーキクリーナーBC-9を使用してください。プラスチック類などに影響が少ないブレーキクリーナーです。このブレーキクリーナーしか内装に対する影響を確認していません。

またブレーキクリーナーを使用するとほぼ確実に汚れが分解しますので状態を見ながら作業を進めてください。喫煙車の場合はタバコのヤニが付着して全体的に汚れているため部分的に上記のクリーニングを行うと逆に目立ってしまいますのでお奨めできません。

ブレーキクリーナーの使用に関して

ワコーズ ブレーキクリーナーBC-9を推奨しましたが、このブレーキクリーナーが影響を及ぼさないという意味ではなく速乾性なため影響を与える時間が短いという意味です。

ブレーキクリーナーは溶剤なので長く接触するほどプラスチックなどに影響を与えます。また内装の素材によって侵食性が異なりますので最初に目立たない場所で試してから本使用してください。

スポンサード リンク