This page:洗車コーティング実験室 TOP > ボディーコーティング > コーティング剤の研究と分析 > 最高のボディーコーティングとは

最高のボディーコーティングとは


スポンサード リンク



ボディーコーティングに求められる性能や施工前の注意点や知識。

■ボディーコーティングをかける前の知識


まず洗車同様にカーワックス、コーティングなどのボディーコーティングをかけるときには塗装面を擦る作業が発生します。車の洗車前の注意点と同様の環境でカーワックス、コーティングの施工を行うように注意してください。

この条件を守らないと擦り傷、磨き傷が大量に付いたり、ワックス・コーティング剤の焼き付きなどが起き、逆に外観を損なう可能性があります。

また当サイトで紹介するボディーコーティングはカーワックス、コーティング剤の性能を100%引き出すために洗車方法・手順車磨き・バフ研磨→「ボディーコーティング」という段階的な構成になっています。

例えば洗車機をかけてすぐ当施工の工程でも問題はありませんがより最高を求めるのであれば上記の順で施工まで行った方が確実です。

■ボディーコーティングに求められる性能


カーワックスでも、ポリマーコーティングにしてもボディーコーティングに求められる性能とはなんでしょうか?これは硬く考えなければ「人によって異なる」と言うのが答えの様な気がします。

なぜかというとカーワックスやコーティングに求められる性能は塗装の強力な保護、坊汚性能、長期耐久性や深みのある艶かというと必ずしもそうではないからです。

最低限車の塗装を錆びさせずに普通の艶を保っていくのならば定期的な洗車や量販店の超安売りワックスでも十分可能であるからです。(もっともこれの最低限の性能を発揮できないのであれば論外です。)

それは車の「塗装」自体が高い性能を持つコーティング剤だからです。ボディーを保護する高い性能とはいろんな人がいろんな使い方をしてもある程度の状態を維持しなければならないという過酷な条件です。

すでにそのような性能を塗装がカバーしてくれているのですからカーワックス、コーティング剤に求められる性能は一人ひとり違うと思うわけです。

例えばある人は汚れたボディーをそのままワックスクロスで拭き取ってキレイになって大変便利だと喜んでいました(妻ですが)。車好きな人や私から言わせればそんな状態で拭き取ったら傷が!!!という光景ですがそれはそれで良いんです。

車の性能において悪影響は無く、所有者は満足しているのですからどんな高性能なコーティング剤もただ高いだけの代物です。

人それぞれ物に対する価値観が違うように、同じ車好きの中でも外観に価値観を持つ人と、そうで無い人とでは最低ラインや求めるもの自体が異なるということです。

■当サイトのコーティングに対する価値観


私にとっての最高のコーティング剤はまず第一に自分でコーティングできることです。DIY好きなら第一条件です。第二にコーティング被膜は常に消耗するという考えから簡易的に補修コーティングが可能である事です。

この基本理念の上で耐鉄粉性能、艶の深さ・輝き、耐久性、耐イオンデポジット・ウォータースポット性能、耐薬品性能に優れたコーティング剤を最も優れたコーティング剤・カーワックスと評価します。

これはいくつもの出入りコーティング業者さん、自社のボディーケア部、お客さんの意見、自分が洗車した数千台の車の中から導き出した私個人の考えです。

コーティング被膜がガラスだろうが、鉄だろうが、不思議物質であろうとも結果が全てです。そのための洗車コーティング実験室であり当サイトの方向です。

なぜDIYでコーティング施工?

まず私が基本理念に掲げている第一条件にDIY施工できることとありますが、洗車好きなら分かるでしょうが自分で手入れすることに意味があり、愛着も湧きます。業者はお金が高すぎるという面もありますが人任せと言うのが何より嫌です。

もし塗装に何かあっても保証の範囲?適切にメンテナンスしたか?など聞かれるのも面倒ですし人のせいにしたくありません。と言うのもあります。その都度メンテナンスに行くのもおっくうです。

簡単に補修可能なコーティング剤

正直なところコーティング剤は塗装を守っている犠牲膜であって決して主役ではありません。擦ったり、ぶつけたりと必ず物理的なダメージが加わる為、研磨剤で磨いて汚れを落としたりしたときに手軽に再施工できることは必須条件であると思います。

ちょっと擦って磨いたら業者に持ち込み再施工が必要(このパターンは最悪)。下地処理から全施工やり直し(DIYで出来ても手が掛かりすぎる)。などなどが理由として挙げられます。

■自分の価値観に合わせて選びましょう


基本的に当サイトではアンケートなどを利用して訪問者の方の意見をフィードバックするような形をとってはいますが、自分(私)が気になったものを中心に紹介、または実験検証しています。

自分の価値観に合った物が見つかれば幸いです。

スポンサード リンク