This page:洗車コーティング実験室 TOP > ボディーコーティング > カーワックス・コーティング知識 > ハンネリカーワックスの効果

ハンネリカーワックスの効果


スポンサード リンク



ハンネリカーワックスを比較・評価。メリット・デメリットなどの効果解説。

■ハンネリカーワックスとは


ハンネリカーワックスとは固形カーワックスと判断が付きにくく見た目や施工感は非常に良く似ていますがその性質は全く異なります。固形ワックスは一般的に艶出し成分と保護成分しか含んでおらずその主成分は油性成分です。

しかしハンネリカーワックスは油分を乳化させてクリーナーや研磨剤と混合させても隔離しないようになっています。このように乳化、混合後に塗りやすい硬度にしたものがハンネリワックスで固形ワックスより多用途に使用されるのが相違点です。

ハンネリカーワックスの利点(メリット)

固形カーワックスのように下地にシビアにならなくてもクリーナーや研磨剤が配合されている為、塗りこみ作業時に塗装面が荒れていてもある程度キレイにしながらワックスが掛けられます。

また一般的に固形ワックスよりも価格が安価で購入しやすく施工性も良いため、気兼ねなく購入できてなおかつワックスがけも手軽に出来ます。ある程度の仕上がりのよさが手軽に出来て発すもするため簡単に「ワックス施工車」の感じが演出できます。

ハンネリカーワックスの欠点(デメリット)

基本的に多用途であるが為にどんなに丁寧に施工しても固形カーワックスのような艶を出すのは難しいと思います。撥水性や持続性にしても同じく本格的性能ではなく可もなく不可もなくという程度。

また油性成分の属性である事から固形カーワックスの弱点であるウォータスポット、イオンデポジットの出来やすく、汚れの吸着性もあり、防汚性能はそれほど高くありません

さらに汚れをこそぎ落とすクリーナーや研磨剤が含まれているため拭き取り残すと汚れが落ちにくくなり染み付く可能性があります。またクリーナー成分や研磨剤はボディーに多頻度常用は好ましくありません。

■ハンネリカーワックス選びの注意点


上記にあるようにハンネリカーワックスに関しては研磨剤を含んでいます。よってボディーカラーによって1つのカーワックスに対して白・淡色用とダーク・濃色用が用意されているはずです。

これは研磨剤の目の荒さやクリーナーの配合が異なる為です。白系の淡い色の場合は汚れ・水垢が目立ちやすく、研磨剤による磨き傷が目立ちにくい為、施工性を挙げる目的でダークカラー専用品よりも研磨剤の目が荒い傾向にあります。

逆にダークカラー用には目の細かい研磨剤を使用しないと磨き傷となって残ってしまいますので超微粒子の研磨剤を配合して作業性は犠牲にして仕上がりを重視にする成分配合になっています。

よって白系のカラーにダーク専用を使用するのは作業性が悪化するだけで良いのですが黒系に白専用品を使用すると研磨傷が目立ってしまう可能性がありますので十分に注意しましょう。(カラーワックスは絶対にカラー対応品を!)

■ハンネリカーワックス性能比較と種類


SOFT99ハンネリカーワックス
艶・輝 C 効果・性能の評価
耐久性 C 最もポピュラーで安価に手に入るハンネリカーワックスの代表格実勢価格でも600円前後と非常に求めやすくなっており全国のホームセンター、カー用品店でよく見かけられます。効果性能は見ての通り可もなく不可もなく。入門用です。
耐候性 C
撥水性 B

リンレイカーワックス・ハンネリ
艶・輝 C 効果・性能の評価
耐久性 C SOFT99と並んではんねりカーワックスと言えば・・・と称されるくらい有名なリンレイのハンネリカーワックス。ダークメタリック用と白淡色用がありますので用途に合わせて選びましょう。カーワックス入門にどうぞ。
耐候性 C
撥水性 B

ユニコン ホワイト 白・淡色車用ハンネリカーワックス
艶・輝 C 効果・性能の評価
耐久性 C こちらのハンネリカーワックスもメジャー中のメジャーのユニコンのハンネリカーワックス。ソフト99・リンレイと並んでカーワックスとしての性能はほぼ並んで同程度。ただしカラー選択があるリンレイとユニコンは若干対応性に違いありと言う感じです。
耐候性 C
撥水性 B


■ハンネリカーワックスのこれから


近年は純粋なハンネリカーワックスや固形カーワックスは非常に少なくなってきています。なぜならばコーティング剤の存在がワックスに取って代わろうとしているからです。

したがってハンネリワックスもハイブリッド化してポリマー配合品が非常に増えてきています。~ポリマー配合のワックスと言うことです。一方コーティング剤にもカルナバロウの艶を付与しようとワックス成分を含んだハイブリッドコーティング剤もあります。

このようにワックスもコーティング剤もいい所をとって生き残りをかけようとしているのが現在のカーワックス・コーティング剤事情のようです。

スポンサード リンク