プレストコートの解説


スポンサード リンク



車コーティング剤比較実験の対象であるプレストコートの効果、成分等の解説

■プレストコートについて


プレストコート は楽天市場の車輝房でしか販売されていない最近人気のガラス繊維系に属するコーティング剤で液剤は薄い緑色です。

液剤が若干分離する性質を持っているようで使用する前に良くかくはんする必要がありそうです。
左の画像のものはプレストコートEasyと呼ばれる施工性をより良くした製品のようですが価格は半額程度。

効果もそれなりに落ちると考えられますので今回はプレストコートで比較実験を行うことにしました。機会があればイージーも試してみたいです。

プレストコートの成分

アンケートでは人気NO1だったコーティング剤で種類としてはガラス繊維系コーティング剤に属しています。ガラス繊維系では異例の5年の効果持続性を謳い洗浄作用も兼ね備えているそうです。

成分表示欄にはイオン系界面活性剤、ガラス繊維網、珪素、フッ素、セルロース繊維素、紫外線吸収剤、他と記載されています。イオン系界面活性剤入りのガラス系コーティングはアクアクリスタルが挙げられ、それ以外はあまり類を見ないと思います。

プレストコートの使用用途・範囲

ガラス繊維系ならではの使用用途の広さで塗装、アルミ、プラスティック、ガラス、ゴムモールと記載があり車の部品に関しては全て使用できる感じです。ただ気になるのがガラスへの使用です。

私の経験上ガラス繊維系コーティングをガラスに使用すると視界が悪くなり、決して良いものではなかったのです。これは実際にガラスに使用してみて適しているか検証する必要がありそうです。

プレストコートの効果(メーカー等の公称)

私が認識しているガラス繊維系コーティングでは最長の5年の持続性とのことです。ただし環境やメンテナンス状況によるということも記載されてますので実質的に効果が持続するのが、どの程度なのかは実験による検証が必要でしょう。

また効果の持続をなにを持って効いていると判断するかも微妙ですし、私の現時点の判断としてはガラス繊維系の中では長期間の効果持続性が期待できるコーティングといった感じです。

プレストコートの基本的な施工方法

施工方法としては一般的なガラス繊維系コーティングと同じく洗車後に濡れたまま施工できる「湿式施工タイプ」です。湿式施工ではコーティング前に水分の拭き取りがいらない為、手間的には乾式施工より優れています。

プレストコートの特殊性能として汚れ落し性能も付加されているため、最も簡単な施工では洗車と同時にコーティングという荒業も可能です。しかしながら引っかき傷の原因ともなりますし、効果低減などの懸念があるためこれは行いません。

流れとしては当サイト推奨の手洗い洗車 →スポンジやクロスにプレストコートをスプレー →濡れたボディーに縦横に2往復ずつ丁寧に塗りこみ施工します →最後に流水でボディー全体(またはパネル単位)を流します →拭き取り用マイクロクロスで水分拭き取り。

上記の手順で基本的な施工が完了します。界面活性剤が含まれていますので余剰成分はキッチリ流水で洗い流しましょう。

スポンサード リンク