ポリラックエアロプレーンの解説


スポンサード リンク



コーティング財比較実験の対象であるポリラックエアロプレーンの効果、成分等の解説

■ポリラックエアロプレーンについて



ポリラック エアロプレーンはドイツ製の有名なボディーコーティングのカーラック、ポリラックの追加で発売された航空機用のコーティング剤です。もっとも航空機用と言っても車にも使える成分でNEWポリラックの紫外線カットを更に強化した商品のようです。

まだ発売が始まったばかりで私が利用しているショッピングサイトでは販売しておらずオークションを利用して購入しました。日本製ではなくドイツの平行輸入品です。

上の画像が日本正規品のポリラックカープロテクト下の画像はカーラックの輸入品です。エアロプレーンはこれらのサイトでの販売がまだのようです。


ポリラックエアロプレーンの成分について

ポリラックエアロプレーンはポリラックカープロテクトと同様にアクリル系のポリマーコーティングですが多少の研磨能力があるようです。どうやらテフロンやシリカパウダーが入っている可能性があるようですがこれは効果を意図したものではないようです。

あるコーティング剤製造業者に聞いたところ、大量に製造した時に成分が分離してもかくはん出来るように固体であるテフロン(フッ素)やシリカの超微粒子パウダーを故意に混入させる場合があるとの事です。

ポリラックエアロプレーンにて確認したわけではありませんが、もし研磨性があるのならその可能性は高いのかな?と思います。聞いたのは国内製造のコーティング剤メーカーです。

ポリラックエアロプレーンの使用用途

このコーティング剤は基本的に施工後に乾燥させて拭き取るので未塗装部分の樹脂パーツ、ゴム類のパーツや室内に使用する事は出来ず車のボディ、しかも塗装部分に限定されるようです。

ただし実はノンシリコン製品でガラスには使用出来るようでコーティング効果ではなく油膜落しとして使用できるらしいです。要確認事項ですね。

ポリラックエアロプレーンの効果

輸入品なので全てドイツ語らしき言語で書かれていて効果の事が書いてあるのか、書いていないのかすら不明です。アクリル系ポリマーなのでおそらく2~3ヵ月と言うところでしょうがこの辺は比較実験内で検証する以外ありません。

ポリラックエアロプレーンについての情報はほとんど持っていませんので実験にて明らかにしますが、ポリラックに関してはその艶に定評があり、何人ものユーザーを知っています。その艶には特に定評がありエアロプレーンも艶に関してはかなり期待が出来そうです。

ポリラックエアロプレーンの施工方法

基本的に施工方法も全く不明です。日本版のNEWポリラックカープロテクトの施工方法を元に使用するしかありません。もっともエアロプレーンだけ施工方法が異なるということもないと思いますので問題ないかと思います。

推奨の施工方法は手洗い洗車の方法を参考に洗車 →水分を拭き取る →乾式(半湿式)施工で塗りこむ(ダブルアクションポリッシャー使用可能 →30分程度置いて乾燥させてから拭き取りクロスで拭き取る。と言う流れです。

ただ、完全に湿式施工方法が推奨されているわけではなく、最終的に乾燥して拭き取れれば水分が残っていても問題がないようです。

スポンサード リンク