ファインクリスタルの効果と解説


スポンサード リンク



コーティング剤比較実験の対象であるファインクリスタルの効果、成分等の解説

■ファインクリスタルについて



ファインクリスタル洗車の王国(AIKOU)から発売されている完全オリジナルのガラス繊維系珪素ポリマーコーティングで一般のカー用品店等の店頭で手に入ることはありません。

販売はオリジナルだけあって洗車の王国さん以外では販売されていません。なんと言ってもその特徴はコストパフォーマンスの良さに尽きます。量を考えると他のガラス繊維系コーティングの1/2~1/10位と言う破格です。

プロショップ直売ならではの販売価格です。アフターメンテナンスも抜群で洗車の王国内でそろわない洗車用品は無いと言うくらいで、メールでのサポート等も完全です。アフターサポートでここの右に出るショップは恐らくないでしょう。

ファインクリスタルの成分

ファインクリスタルはガラス繊維系に属するコーティング剤で成分表示はフッ素、珪素、他と言う様に非常にシンプルな表記になっています。液性は中性です。

他のガラス繊維系コーティング剤見られるセルロース等のバインダー効果で塗装面への定着性を高める成分は含まれておらず、この辺りが効果持続性にも跳ね返ってきている感じはします。

しかしながらそのコストパフォーマンスを考えるとこれらの成分を差し引いて考えても納得が出来るといえます。またIPA等のアルコール関係の臭いはしないため「他」の中にアルコール成分は含まれていないかと思います。

ファインクリスタルの使用用途・範囲

ガラス繊維系ならではの使用用途の広さで塗装、アルミ、プラスティック、ガラス、ゴムモール、メッキパーツ、各種金属塗装された木製製品などプラスティック類、樹脂パーツなら何でも使用できるようです。

ガラスに施工しても普通に撥水はしますが油膜っぽくなることもありますので専用のフッ素系ガラスコートを掛けておいたほうが撥水性、耐久性、視認性は抜群に違います。

ファインクリスタルの効果(メーカー等の公称)

ファインクリスタルの効果持続性は1~3ヵ月で他のガラス繊維系コーティングと異なって撥水を謳っていますので撥水効果も効果持続性の判断目安になっていると思われます。また下地によって効果が左右されることは明記されています。

下地処理には磨きを行うのも完全な手法として推奨できますが同ショップ取り扱いのSP-1(水垢落としクリーナー)を使用すると超微粒子コンパウンドと強力洗浄剤の相乗効果で簡易的に下地処理を行うことが可能です。

主な効果として紫外線・酸性雨・鳥糞・樹液への耐性と超速撥水効果が挙げられています。持続性が短いのですが施工性は全ガラス系コーティングの中で最も優秀な部類で簡易的ですので洗車ごとにしようして補うのが効果的かと思います。

ファインクリスタルの基本的な施工方法

施工方法としてはガラス繊維系コーティングに代表される、洗車後に濡れたまま施工できる「湿式施工タイプ」です。湿式施工ではコーティング前に水分の拭き取りがいらない為、手間的には乾式施工より優れています。

流れとしては当サイト推奨の手洗い洗車  →スポンジまたはボディーに直接スプレー →濡れたボディーに縦横に2往復ずつ丁寧に塗りこみ施工します(撫でるだけでも施工できます) →最後に流水でボディー全体(またはパネル単位)を流します →拭き取り用マイクロクロスで水分拭き取り。

上記の手順で基本的な施工が完了します。ガラス繊維系では良くムラができてしまったと言う話を聞きますがファインクリスタルは極めてムラのできにくい特性ですのでムラが心配なユーザーにはオススメです。

それでもムラが気になるようならスポンジで軽く全体的に手洗いすれば解消できるかと思います。(カーシャンプーを使用する場合はノンコンパウンドで)以上がファインクリスタル の情報です。

スポンサード リンク