This page:洗車コーティング実験室 TOP > ボディーコーティング > カーワックス・コーティング施工 > 湿式施工の手順と特性

湿式施工の手順と特性


スポンサード リンク



カーワックスやコーティングの湿式施工方法に関して。施工メリット、デメリット、作業の流れなど

カーワックス・コーティング剤の湿式施工とは

湿式(ウェット)施工は濡れたまま施工できるコーティング剤、カーワックス独自の施工手法で洗車後に水が付いた状態で拭き取らずにそのままコーティング剤を施工していくことを指します。

湿式施工のメリット

なんと言っても洗車後拭き取ってから施工を始める従来型の乾式施工に比べると圧倒的にイージーで短時間施工が可能になります。

さらに乾式では水分の完全除去が出来ていないと効果や施工に支障をきたすことが有りましたが湿式では気にすることなく作業できます。また水分があるため施工時に擦り傷等のリスクを最小限に抑えることができます。

湿式施工のデメリット

デメリットは常に水分がボディーに乗った状態で作業していく為、あまりに作業スピードが遅いと水分が乾きイオンデポジット化する可能性が有ります。

特に夏場や走行後の高温時にはこのような現象が起きやすく、夏場はガラスに付いた水滴が蒸発して落ちなくなるガラスのイオンデポジット(ウォータースポット)化現象がかなり起きやすく非常にリスキーな面も有ります。

雨水では起こりにくい現象ですが水道水にはカルシウム、マグネシウムなどの金属ミネラルやカルキが混ざっており、夏場は特にカルキ濃度が濃いため固着するとかなり頑固で取れなくなります。このような場合は初期にウロコ勝った汚等で除去しましょう。

湿式施工対象のカーワックス・コーティング剤

カーワックスとしては非常に少なくむしろ湿式施工できるのはレアタイプですが、かの有名なシュアラスターの固形カーワックスが該当し、リキッドワックスではゴールドグリッターなどが湿式施工タイプです。

コーティング剤では石油系ポリマーコーティングなどは多々有りますが、近年人気のガラス繊維系コーティングのブリスX、同系統クリスタルガード・ワンプレストコートファインクリスタル零三式11型などが湿式施工の対象コーティング剤です。

■カーワックス・コーティング剤の湿式基本工程

1,ボディー下地の確認

洗車しながらでも構いませんが施工前に下地の状態を確認して施工前にしておかなければいけない処理を判断しましょう。鳥糞、虫の死骸などは先にふやけさせて手洗いの時に落としやすくしておきます。

2,手洗い洗車の実施

施工前なので基本的に汚れの分解能力、及び脱脂性能の高いカーシャンプーを使用しましょう。水垢や前のカーワックス・コーティングの劣化被膜を除去したい場合はSP-1等の超微粒子研磨剤入りカーシャンプーで洗うとかなり下地処理時間を短縮でき簡易的です。

また研磨剤で除去するのに適していない虫の死骸、ピッチ・タール、鉄粉などはそれぞれ適したケミカルと作業方法を塗装ダメージ、シミの対策で確認して作業を進めましょう。戦車に関しては手洗い洗車の方法知識 を参考に。

3,下地処理の実施

前工程の手洗い洗車時に発見した塗装ダメージ、汚れ、シミ等の除去作業を行いますが鉄粉除去に関しては濡れたままでできますので手洗い洗車→鉄粉除去→必要に応じて水分拭き取り後にその他のダメージ対応。

もちろん水分の拭き取りは必要箇所だけでかまいません。無ければ鉄粉除去後そのままSP-1等の超微粒子研磨剤入りカーシャンプーで簡易的な下地を作る、もしくは本格的に車磨き・バフ研磨を参考に磨きを掛けます。

推奨はせっかく簡易的な湿式なので研磨剤入りノンワックスカーシャンプー(SP-1など)を使用して一皮剥く手法です。必ずノンワックス品を使用してください。ワックスいり研磨剤はNGです。

4,対象のカーワックス・コーティング剤の施工

手洗い洗車+簡易的下地処理後、濡れた状態のまま施工に取り掛かります。基本的にルーフトップから順番に下に下がっていく施工方法が好ましくパネル施工が終わるごとに水を流して余剰成分除去と共に乾燥を防ぎましょう。

またパネルごとに拭き取っていってもいいでしょう。施工が終わったらもう一度余剰成分やコーティングを掛けた時に出た汚れ等を洗い流す為にも水で流しましょう。

5,拭き取り

流し終わったらコーティング余剰成分と水分を一緒にマイクロクロス等の専用クロスで拭きあげます。ただの布や雑巾は絶対使用しないでマイクロクロス等の拭き取りがよく、毛が残らないものを拭き取りクロスに選びましょう。

最後に乾拭きで仕上げるとよりいっそう美しい艶が演出できます。

カーワックス・コーティング剤、湿式施工の完成と総評

工程的に初回施工時の事も考えて説明して有りますが通常工程は1→2→4→5という感じで下地処理などは行わずイージーに施工します。車磨き・バフ研磨などの本格的な下地処理が入ると水分を一回拭き取る為、時間面での湿式施工のメリットがなくなります。

スポンサード リンク