リアルクリスタル硬化実験


スポンサード リンク



シラン系のガラスボディーコーティング・リアルクリスタルは本当にガラスが出来るのか実験。

■ガラスコーティング・リアルクリスタルはガラス化するか?


誰もが気になっているであろうガラスコーティングは本当にガラス被膜が形成されるのか?という問題をスッキリする為にG-hardに続いてリアルクリスタル を反応させてガラスが出来るかどうか実験してみました。

リアルクリスタルの画像 リアルクリスタル の液剤とガラスのビンを用意します。

中に入れる液剤の量は15ml水も15mlです。一応使用する前の証拠として並べて写真を撮りました。反応剤は入れません。

参考までに酸を2~3滴垂らすと硬化反応促進剤になります。
リアルクリスタルと水の混合 シラン系のガラスコーティングは空気中の水分と反応しシラーノールと言う物質ができ、そこから水分が蒸発して徐々にガラス硬度に近い物質が出来上がるといわれています。

リアルクリスタルと水を1:1で混合してかくはんします。見ての通り分離しています。G-hard同様に反応している様子はありますが2~3回かくはんして放置することにしました。
リアルクリスタル硬化の様子 水と混ぜて1週間後。実は写真を撮っていませんが3日後くらいから急速に硬化が始まって4日目にはキレイなガラスのようになりました。

その後硬化が進んで体積が小さくなっていき強化ガラスが割れたときのようにブロック状にひびが入り左のようになりました。G-hardのよりも若干早い硬化のように思えます。
リアルクリスタル硬化後の塊 硬化したリアルクリスタルの中身を取り出してみました。見ての通りかなり透明度と硬度が高そうな物質が出来上がりました。触った感じでは脆さは感じるものの硬度はかなり高そうです。

まるで本物のガラスのように手を切ってしまいそうな危うささえ感じます。ガラス=高性能と決め付けるのは早いですが期待は高まってしまいます。


■G-hard硬化実験の結果について


本物のガラス被膜を形成するシラン系自体に疑問を抱いており最初は半信半疑でしたが実際に実験してみると適当な方法だったのにもかかわらず、それらしき塊が形成されました。

同シラン系ガラスコーティングのG-hardと比較するとリアルクリスタル の方が硬化反応が早く出来上がったガラスらしき物質の硬度、透明度と共に高かったのが印象に残りました。

温度や環境は異なる点があることから完全にコーティング剤の性質と言い切ることも出来ません。しかしながら私的には何らかの違いがあると思っています。

リアルクリスタルについては現段階(実験初期)ではコーティング自体の性能チェックを完全に終えては居ないことから透明度・硬度の高い被膜を形成できることがどのように結果に繋がってくるか楽しみでは有ります。

特にガラスコーティングG-hardでは課題となった施工初期でのイオンデポジットの固着を何処まで防いでくれるか、または同じなのか等に注目したいところです。

スポンサード リンク