ガラスコーティング硬化実験


スポンサード リンク



ガラスボディーコーティングが本当に硬化するか実際に試して観察と検証をします。

■ガラスコーティング硬化実験予備知識


まず混同しやすいのがガラスコーティングとガラス系ORガラス繊維系コーティングです。宣伝や表記だけで100%見抜くことは「表記不足」などの理由から不可能ですが、大体見抜くことが出来ます。

詳細を知りたい方は、まずガラスとガラス繊維系の違いを読んでガラスコーティングの効果ガラス繊維系コーティングの効果をそれぞれ読めば違いと特性、性質が理解できるかと思います。

硬化実験の実験方法

市販されているシラン系ガラスコーティングの特徴として空気中の水分と反応してシリカ(石英ガラス)被膜を形成するというものです。コレを利用して実験するビンの中に水とコーティング剤を1対1で混ぜ合わせ撹拌して放置するといういたって簡単な実験です。

■ガラスコーティング硬化実験の結果


G-hard硬化(ガラス化)実験
シラン系のガラスコーティングで市販化されている数少ないコーティング剤だけに期待していました。最初の実験だったのでかなり様子を見ながらになりましたが見事ガラス化。結果詳細はリンクから。

リアルクリスタル硬化実験
G-hardと並んでシラン系のガラスコーティングで後発組で、発売元もマイナーっぽいですが結果としては硬化スピードも早くガラス硬度、透明度共にそれらしいものが出来ました。

ハイブリッドナノガラス硬化実験
成分表記が乏しく情報も少なかった為、コーティング剤の系統が分からず、乾式施工が推奨されていた為とりあえず実験してみましたが硬化せず。証拠はリンク先から。

他のコーティング剤について

零三式コーティングポリマー22型に関しては乾式施工が推奨されていましたので一応実験してみましたがいつまでたっても硬化せず、アルコール成分が蒸発するのみでした。

ピンクダイヤモンドに関しては乾式施工が推奨されていますが半湿式も可能で成分表記がガラス繊維系である事が判明しました。予想通り水を入れても何も反応せず。

カーラックPOLY-LACK (ポリラック・カープロテクト)ポリラック エアロプレーンは最初から硬化するという概念も有りませんので実験免除です。

ブリスシリーズ、ファインクリスタルクリスタルガード・ワン零三式コーティングポリマー11型プレストコートなどガラス繊維系コーティングも水と分離もせず何の反応も無しでした。ハイブリッドナノガラス硬化実験結果と同様です。


スポンサード リンク