G-hard加水実験


スポンサード リンク



G-hardに水を加え親和性と性質を観察。リアルクリスタルとの比較についても。

■G-hard加水の様子

G-hard加水前の状態 G-hardを透明な容器に移します。液剤は全く濁りの無い透明色粘度の無いサラサラの水です。アルコール臭がするので焼酎みたいです。

アルコール臭がして液性がサラサラなので水と親和性が高そうだと感じていましたが、水分と反応して硬化するシラン系ガラスコーティング・・・結果は。
G-hard加水、撹拌後の状態 見ての通りいくら撹拌してもすぐに分離してしまいます。よくよくライバルのガラスコーティング「リアルクリスタル」の成分表示を見ると「油性」と書いてあります。

G-hardも同系のコーティング剤なのでまず「油性」と見て間違いないでしょう。G-hard硬化(ガラス化)実験から画像転用です。

加水実験から分かるG-hardの施工方法発展性

施工マニュアルを読む限りG-hardは乾式施工以外は禁止されており施工中は水分厳禁になっています。これはシラン系、シラザン系の常温硬化ガラスコーティングでは常識になっておりG-hard硬化(ガラス化)実験でも確認したとおり水分と一緒に放置すると硬化してしまいます。

よって加水したコーティング剤を使用する、または半湿式、湿式で施工するとムラができたまま硬化する可能性もあり大変危険であると思われます。しかしながら一部ガラスコーティング剤の施工では硬化促進剤なるものを施工後に塗布して拭き取ります。

この硬化促進剤の成分が何なのかまだ確認が出来ていません。リアルクリスタルの硬化実験を行うに当たって説明書きに酸を加えた水であれば硬化スピードが速まるということで試してみると確かに従来(水だけ)よりかなり早く硬化しました。

この促進剤は酸性の成分なのか?水分を含んでいるのか?など硬化促進剤を使用したG-hardの施工が出来るかなど検証を進めて行きたいと思います。

加水実験から分かるG-hardの性質

加水してみて気がつきましたが完全に分離していますので油性の液性を持っているようです。硬化してガラス化することから連想しても「無機質」ばかりが頭をよぎって油性だとは思いもしませんでした。

ライバルのリアルクリスタルを見てもはっきり「油性」の表示が確認できました。硬化した中にも油分が含まれるんだろうか?などとイロイロ考えてしまいます。確かに拭き取り時には油性っぽい感じはしましたが、表面上の油分が無くなって施工完成になるのでしょう。

以上がG-hardの加水実験とその考察結果です。

スポンサード リンク