G-hard過熱実験


スポンサード リンク



G-hardを加熱した時の状態・残留物、耐熱性の検証。

G-hard加熱の様子

ガラスコーティングg-hard加熱前 G-hardの過熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

ステンメッキ仕上げのおたまにG-hardを少量垂らします。液剤は無色透明です。粘度もほとんど無しでサラサラの液体です。
ガラスコーティングG-hard加熱中 加熱時の様子です。加熱初期はアルコール分に引火して激しく燃焼し液が飛び散ったりで1人では撮影できませんでしたので落ち着いた後の加熱画像です。

固まりになった部分はこれ以上加熱しても赤熱するだけで変化の無い状態まで加熱しました。
ガラスコーティングg-hard加熱後、残留物 加熱蒸発後のアップ画像です。白くザラザラした物質が残っています。蒸発した後は結晶のような模様も残っています。

見ての通り残った物質に黒く焦げたような様子は一切有りません。硬質かつザラザラした物質で正に脆くなった小石の粒のような感じです。

過熱実験から解るG-hardの液剤性質

十分に予想は出来ていましたが可燃性で引火しますので、実験のマネはしないようにお願いいたします。アルコール+油性成分という事で燃焼と飛び散りが多く少々危険でした。

またコーティング剤単体でも燃焼すると急激な硬化反応が起きてある程度は硬化反応が起きるということが確認できました。ただし硬化スピードはゆっくりした方がガラス物質はキレイに出来上がるようで今回は白い塊が残りました。

液剤は可燃性、残った物質は高熱によっても焦げたり状態変化が少なく安定した物質=すなわち物質的に劣化が少なく安定した被膜が出来上がるのではないかと推測できました。

G-hard蒸発面の考察

G-hardが蒸発した後には白く硬質な物質がしっかりと定着しており、付近にも結晶のような模様で白く残っていました。これらの物質は反応を起してsio2(シリカ)になったものだと思いますがコンパウンドを使って研磨するとオタマの表面からは落とすことが可能でした。

以上がG-hardの過熱実験と考察結果でした

スポンサード リンク