リアルクリスタル加水実験


スポンサード リンク



リアルクリスタルに水を加え親和性と性質を観察。G-hardとの比較についても。

■リアルクリスタル加水の様子

リアルクリスタル加水前の状態 リアルクリスタルを透明な容器に移します。液剤は全く濁りの無い透明色粘度の無いサラサラの水です。シラン系ガラスコーティング特有のアルコール臭がします。

一見ただのアルコールでガラスコーティング剤といわれなければ全く分かりません。この後水を同量入れてよくかき混ぜます。

リアルクリスタル加水、撹拌後の様子 コーティング剤と水は1対1の割合で入れましたが実際に分離したのは全量の3分の1に満たない程度です。これはアルコールは水と親和しますが主成分のアルコキシランは水と分離する性質を持っているからではないかと考えられます。

G-hardも同様の状態になったことから他のシラン系、シラザン系のコーティング剤も同様の結果が得られるのではないかと思います。

加水実験から分かるリアルクリスタルの施工方法発展性

リアルクリスタルは同系列シラン系ガラスコーティングのG-hard同様に施工マニュアルでは乾式施工が絶対で施工後しばらくは水分との接触は厳禁である事が明記されています。

硬化実験でも確認されたように水分と反応して硬化反応を起こすことは明らかなので水分との接触が厳禁なのは硬化反応にムラが出てしまったりするためであると考えられます。

しかしながらガラスコーティング剤の中には硬化促進剤を使用して施工スピードを速める方法も存在しています。ちなみに私が知っている「促進剤」を使うコーティング剤も系統はシラン系。

加水実験からも分かるとおり水と分離するシランに効果促進として水分を付与すれば確実にムラができてしまいそうな予感がします。何とか効果促進に水や他の何かを代用できれば激的な裏技施工方法が考えられるような気がします。

加水実験から分かるリアルクリスタルの性質

意外とリアルクリスタルの成分表記や施工方法、硬化に関する情報は親切に多くの情報が書かれていて、メーカーから単発的なコーティング剤にしては気遣いが伺え好感が持てます。

コーティング剤の液性ははっきりと油性とされておりシラン化合物の種類まで書かれています。同じシラン系ガラスコーティングと言ってもシランにも元素の組み合い方によって多様なようです。

同じ加水実験や硬化実験にしてもG-hardと微妙に見た目などが異なるのはそのせいかもしれません。しかしながら大きなくくりでは水と反発しあう油性。

ガラス~系とガラスコーティングを判断する時にアルコールはガラスコーティング以外にも溶剤として使用されている(零三式などが良い例)ので水を加えて分離するか確認するとシラン・シラザン系の常温硬化型なのガラス~系でシリコンなどの珪素系なのか判断できるかと思います。

以上がリアルクリスタルの加水実験とその考察結果です。

スポンサード リンク