ブリスX過熱実験


スポンサード リンク



ブリスXを加熱した時の状態・残留物、耐熱性の検証。NEOや初代ブリスとの比較

ブリスX加熱の様子

ブリスX加熱前、原液 ブリスXの過熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

ステンメッキ仕上げのおたまにブリスXを少量垂らします。液剤は白色、多少の粘度ありです。余談ですが初代、X、NEOで若干臭いが違うような気がします。
ブリスX加熱中、赤熱状態 加熱時の様子です。バーナー中心の高熱部分は蒸発して厚い被膜化したブリスXの塊がめくれて赤熱状態になっています

この状態から更に加熱していき状態変化を観察しますが赤熱状態になった後この状態を維持しています。(加熱し続けても変化無し)
ブリスX加熱後の残留物 蒸発後のアップ画像です。白くザラザラした物質が残っています。通常の石油系コーティングやワックスは植物系の油脂が入って黒く焦げたような状態になり発煙します。または液剤そのものが発火して燃え続けます。

しかしながらブリスXに関しては白化した硬質(硬質ですが脆い)な物質が残留し、被膜化したようなものが残りました。

過熱実験から解るブリスXの液剤性質

同様にブリス、ブリスNEOの過熱実験は行っていますが、やはりブリスシリーズは残留する物質が多くコーティング剤に含まれている有効な成分がガラス繊維系コーティングの中でも極めて多いことが推測できます。

加熱中に燃焼、若干の発火があったのは成分中のセルロース及び加水実験で確認した水と分離している成分(油性成分?未確認)ではないかと思われます。これはNEOでも同様に確認できました。

発火に関しては自己燃焼(引火燃焼)はせず熱が加わった時だけ燃焼するような感じになるだけなので石油系の溶剤は入っていないのではないかと思います。

ブリスX蒸発面の考察

ブリスXが蒸発した後は硬質のザラザラした物質が多く残留していました。この物質はコーティング剤中の水分が高熱により蒸発して熱に強い珪素系ポリマーが残ったものだと思われます。硬質ですが脆く崩れやすい物質でした。触感ではNEOや初代ブリスと違い有りませんでした。

こびりついた物質は取れにくい感じこそありましたがコンパウンドで研磨することによって完全に除去することが出来ました。定着こそ強かったものの特別金属部分に融合しているような感じは無かったということです。

以上がブリスXの加熱実験とその考察結果です

スポンサード リンク