ピンクダイヤモンド加水実験


スポンサード リンク



ガラス系コーティング剤ピンクダイヤモンドに水を加え親和性と性質を観察

■ピンクダイヤモンド加水の様子

ピンクダイヤモンドコーティング加水前の状態 ピンクダイヤモンドを透明な容器に移します。ピンクダイヤモンドは今回実験するガラス系コーティングの中では1番白く「濃い」印象を受けるコーティング剤です。

長期間放置すると透明な液体と白い部分が分離しますので良く振ってから使います。臭いはなんともいえない臭い。ポリ・ビニル系の臭い?
ピンクダイヤモンドコーティング加水後の様子 水を加えるとごらんの通り親和性は高いようで簡単に混合してなじみます。元が濃いせいなのか水で薄めてもあまり変わらない印象すら受けます。

水で薄めてもしばらく経つと白い成分が分離しますので、この成分は完全に水溶性ではない成分である事が予測できます。ただちょっと撹拌すればすぐに溶け合うようになります。

加水実験から分かるピンクダイヤモンドの施工方法発展性

ピンクダイヤモンドの施工方式としては乾いた状態で施工する乾式施工及び絞って水気を帯びたクロス等で塗り延ばす半湿式であり水分が残った状態で施工する湿敷き施工は完全に推奨されていない状態です。

しかしながら当のコーティング剤自身は水と分離することなく簡単に混合する性質を持っていることから元々成分中に「水」が入っていることは否定できません。この事を考えると湿式施工も可能なのではないかと推測できます。

ただしやはり気になるのが分離する白い成分。あの部分が湿式施工になると邪魔してしてしまい均一にコーティングできなかったり、被膜厚が稼げずにムラになってしまうのではないかと思います。

施工説明にも書いてあるように乾式施工は艶に優れており、半湿式では乾式よりも艶は劣るが効果は同等ということはやはり水分と混合することによって初期被膜の出来は若干変わってくるのかな?というのが疑問です

この説明の解釈としては乾式で得た高い被膜感は初期に薄れてしまい、結局のところ半湿式で施工した場合と持続効果的なことで考えるとほとんど変わらないと言うことでしょう。

加水実験から分かるピンクダイヤモンドの性質

なんと言っても理論被膜厚2μを誇るピンクダイヤモンドなので性質的にはどんなものだろうと思っていましたが、放置すると分離するという性質以外は水への溶けやすさもブリスなどのガラス(繊維)系コーティングと違い有りません。

確かに「濃さ」に関しては加水希釈しても十分に保っているように見えることから他のコーティング剤よりも成分的な濃さはあるのかもしれませんが「被膜厚」に直接関係してくるかは微妙なところですし、施工性の悪さにも繋がりかねないところです。

以上がピンクダイヤモンドの加水実験とその考察結果です。

スポンサード リンク