ピンクダイヤモンド過熱実験


スポンサード リンク



ピンクダイヤモンドを加熱した時の状態・残留物、耐熱性の検証。

ピンクダイヤモンド加熱の様子

ガラス系コーティング・ピンクダイヤモンド加熱前の状態 ピンクダイヤモンドの過熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

ステンメッキ仕上げのおたまにコーティング剤を少量垂らします液体は乳白色で見ての通り濃い目です。
ガラス系コーティング・ピンクダイヤモンド加熱中 左の写真は加熱中期の写真ですがコーティング剤の水分が飛ぶとパチパチと音を立てて火の粉が飛ぶような様子です。

他のガラス(繊維系)コーティングに比べると変化が早く蒸発時のコーティングの飛散も多いような感じです。
ピンクダイヤモンド加熱後の焦げた状態 加熱終期の様子ですが他のガラス系コーティングは白くなりその部分の加熱時には赤熱(加熱部分が赤くなる)様子が定番でしたがピンクダイヤモンドは真っ黒焦げになってしまいました。

私の印象では劣化しない(しにくい)無機成分=黒く焦げないだったんですが無機物主体の成分が黒くこげることはあるんでしょうか・・・?

過熱実験から解るピンクダイヤモンドの被膜性質

まず臭いからして他のガラス(繊維)系コーティングなどと異なり異質な感じがするピンクダイヤモンドですが、何かポリ~系、ビニル系を感じさせます。ガラス系+ポリラックのような感じです・・・。

謳い文句の酸化しない2μの被膜ですが、過熱実験の結果からすると黒に近い灰色と言わざるを得ません。良くガラス系で謳い文句となっている完全無機、酸化しない、という謳い文句ですが無機物がガラス、金属、石などの物質で高温加熱しても燃焼して焦げることはありません。

有機物の定義の1つとして燃焼して炭素(C)を含み二酸化炭素が発生する物質というものがありますが、これだとアルコールを使用しているコーティング剤は全て有機物になります。が反応後に被膜として残る成分が「無機」であればこの限りでは有りません。

G-hard、リアルクリスタルなどはこの条件で無機といえますが、加熱後に焦げとして残ってしまったピンクダイヤモンドの場合は「無機」と言い切れるでしょうか?疑問が残るところです。

ピンクダイヤモンドの有機・無機と性能の関係

上でコーティング被膜の有機・無機についての疑問について触れましたが、必ずしも有機が無機に総合性能で劣るなどということはないので実は私自身は有機だからピンクダイヤモンドが劣ったコーティング剤であるという判断はしていません。(誤表記であれば問題ですが)

仮にポリラックのような有機コーティング剤であっても、その効果は高いものである事は多くのユーザーが物語っていますし、コーティング剤の被膜が無機であり「永久に」酸化しないコトには大した意味は無いと思っているからです。

なぜならいかに無機であり硬度の高い被膜を形成しても物理的ダメージ(鉄粉や洗車キズ等)は防ぎようが無いからです。これら物理的ダメージを考慮すると持って3年、普通に考えて1年といったところです。

コーティング被膜を長期に保つ為にはメンテナンスクリーナーの施工やコーティング剤自体の再施工が必要になります。メンテナンスクリーナーに微弱でも研磨剤が入っていれば劣化被膜を除去しますし、再施工すればカバーできますので「無機」に固執する必要は無いというのが私の見解です。

以上がピンクダイヤモンド過熱実験の考察結果です。

スポンサード リンク