クリスタルガードワン過熱実験


スポンサード リンク



クリスタルガードワンを加熱した時の状態・残留物、耐熱性の検証。

クリスタルガードワン加熱の様子

加熱前のコーティング剤の様子 人気のガラス系コーティング剤クリスタルガード・ワンの過熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

ステンメッキ仕上げのおたまにクリスタルガードワンを少量垂らします。液剤は白く見えますが若干薄い緑色な感じです。
クリスタルガード・ワン加熱中の様子 加熱時の様子です。特に引火してコーティング剤が燃焼するようなことはありませんでしたが蒸発時に跳ねたコーティング剤がバーナーの熱で火の粉のように写っています(左画像)

蒸発中はパチパチとコーティング剤が結構飛散しました。その割りには赤熱燃焼のようなものはあまり見られず蒸発後の反応は穏やかです。
ガラス系コーティング、クリスタルガードワン過熱後の様子 同系列でライバルでもあるブリスシリーズと比較すると加熱後の残留物は少なめで残留物による被膜形成も目だって見られません。

ガラス系に見られる蒸発後の白っぽさは同様に見られましたが、加熱してみるとその後の様子は多種多様な表情を見せてくれます。

過熱実験から解るクリスタルガードワンの性質等

クリスタルガラスを形成するなどという謳い文句でガラス系ではなく常温硬化のガラスコーティングを想像してしまいそうですが、ガラス系、繊維系に属するコーティング剤である事は明らかです。

加熱時の様子からも分かるとおりシラン系ガラスコーティングのような燃焼も見られず蒸発中の飛び散りのみで後の反応は穏やかなものでした。

クリスタルガード・ワンは私の中で結構濃い目のコーティング剤だな、という印象で当然加熱後に残留する物質等も同系統のコーティング剤の中でも多いのだと思っていましたがそうでもありませんでした。

もっとも残留物が多いほど高性能だということには繋がりませんし、それらの関係を結びつける気もありませんが同じようなコーティング剤でも加熱中の赤熱している様子、残留物の残り方、変色、量など様々です。

クリスタルガードワンに関しては同系統では標準的な残留量であり変色等(焦げ等)はほとんど無く白色の物質が残りました、これだけの加熱で変色等を起こさないのですから当然コーティング剤自体の成分は完全無機に近いものであると思われます。

クリスタルガードワン蒸発面の考察

蒸発加熱後に残った成分ですが、白くてザラザラした物質で感触としては「石」のような感じでした、無機に近いガラス系コーティング剤全般の加熱後の感触と酷似しておりコンパウンドで「おたま」の表面から磨き落とすことが可能でした(水洗いで落とすことは不可)

以上がクリスタルガード・ワンの過熱実験と考察結果でした

スポンサード リンク