ガラスのキズ取り研磨


スポンサード リンク



自動車のガラスについてしまった細かいワイパー傷などの研磨による傷取り、傷消し

■車のガラス傷取りに関して


硬度の高いガラスといえども自然に存在する砂などはガラス同様の硬度を有している物もあり当然硬度の高い物質間で摩擦が起きればガラスにも細かい傷が付く可能性は大いにあります。

一番身近で多いのがワイパー作動傷で、水分が少ない時や乾いた時にワイパーを作動させると稀に付く事があります。後はレアケースですが何度か目にしたのはボール痕です。

子供が遊んでいたボールが走行中に飛んできてガラスに当たったらボールに付いた砂とボールがガラスに押し付けられくっきりとボールの痕の擦り傷が出来てしまう現象です。

これらのガラスの傷はほとんどが気にしなければ気にならないといった程度で済みますが、どうしても気になって傷を消したい場合は軽度の場合に限ってガラスコンパウンドで研磨することによって軽減、または除去することが可能です。

基本的に傷取りの作業は手磨きではなく機械磨きによって行いますのでこのページでは機械磨きによるガラスの傷消し・傷取り方法を解説します。ガラスにウロコ(イオンデポジット・ウォータースポット)が出来ている場合も同様の手法で解消できます。

車のガラスのウロコやイオンデポジット、ウォータースポットの類は車ガラスのウロコ取りを参考にして作業を考えてください。

1,ガラスの清掃

ガラスの清掃といっても大して気合を入れて行う必要もありません。水とスポンジで表面に付いた砂や大まかな汚れを洗い流せれば問題ありません。コンパウンドで機械磨きをするときに砂などを巻き込まないようにする配慮です。(油膜などは残っていても問題ありません。

2,ガラスコンパウンドの用意(選び方)

ガラスは塗装と比べ物にならないくらい表面硬度が高くボディー用のコンパウンドではガラスには歯が立ちませんので傷取り研磨を行うにあたってガラス専用の研磨剤が必要になります。

どのガラスコンパウンドが良いということは一概に言えませんが、粒子が細かく、硬度高く研磨性能が良いに越した事は有りません。また機械磨きを前提としていますので固形っぽいものより液体に近いタイプ(ドロっとしたもの)がいいでしょう。

洗車の王国さん扱いのガラスコンパウンドは手磨きが前提になっていますが、研磨性能も高く機械磨きでの使い勝手も良好な部類だと思います。私自身ガラス研磨はあまり多頻度な作業ではないので他には半固形タイプの物しか使ったことはありません。

本格的なタイプではセリウムが主流で、ちょっと手間になりますが粉末状のセリウムを水で溶いて使用する。セリウムのガラス研磨セットがアクアウィングさんで販売されています。こちらも手磨きでも高い研磨性能を発揮する製品です。

3,ポリッシャーの用意(選び方)

ガラス専用のポリッシャーは円形運動ではなくランダムアクションの縦横振動タイプの物も存在します。しかしながら滅多に作業しませんし、それだけの為にポリッシャーを買うとなれば負担も大きいのでコーティングや補修作業などにも使用できる汎用性の高いポリッシャーを選びましょう。

ただしダブルアクションポリッシャーを強くお奨めします。ダブルアクションポリッシャーは回転運動に振動が加わり単純な回転研磨ではなく複合運動で研磨部位が集中せずガラスの歪みを防いでくれます。

ボディーを磨くときもバフ目が付きにくく研磨力こそ弱いという欠点がありますが、技術を問わず使用できるのでDIYの素人には持って来いで、プロの間でも幅広く使用されているタイプです。

例として使い勝手の良いダブルアクションポリッシャーを挙げさせていただくとパワーの弱いタイプでマキタ ダブルアクショ BO5010、比較的強いタイプでコンパクトツールP-150、強力タイプで信濃SI600 、いずれも電動で使用できエアコンプレッサーなどを必要としません。

普通のボディー研磨用のバフでも作業できないことはありませんが、ガラス研磨専用バフも出来れば同時に揃えておいた方がいいでしょう。

4,ガラスの傷取り下準備と環境

道具が揃ったらいよいよガラス研磨を始められますが、洗車と同じくあまり風が強い日は避けておきましょう。炎天下でも構いませんが研磨剤がすぐに乾燥して効率は悪いです。

次に是非やっておきたい下準備ですがガラス研磨時にはガラスの周りのゴムモールや隣接するボディーの一部はマスキングテープによってマスキングしておいたほうが無難です。

ガラスコンパウンドはかなり強力なので万が一ポリッシャーが滑ったり、走ったりしてボディーを磨いてしまったり、無意識のうちのはみ出して磨いてしまうと傷が付いてしまいかねません。またガラスコンパウンドが乾燥すると樹脂やゴムパーツから汚れが取れにくくなり厄介です。

5,ガラスの傷取り研磨実践

ポリッシャーは絶対空転厳禁です。故障の原因になりますし、コンパウンドが付いていればかなり激しく飛散します。これらを守ってまずガラスに適量ガラスコンパウンドを垂らします。

ポリッシャーをONせずにまずバフスポンジ使って人力で適当にガラス面に塗り広げます。塗り広げたらポリッシャーをガラスに接置した状態でONします。浮かした状態で空転させないで下さい。

注意点としては動きを止めたり同じ部分を集中的に研磨せずに広範囲、ガラス全体をほぼ均一に研磨していくことです。これはボディーのバフがけと同じですがフロントガラスを研磨するときは特に神経質になった方がいいと思います。

5-2,フロントガラスの歪み

傷取り研磨に関する直接的な知識ではありませんが知っておいていただきたいのはフロントガラスについてです。なぜ研磨に神経質にならなければいけないかというと、傷が深くなるとかバフ目が付くとかそういった意味ではありません。

バックドアガラスなどは良く見ると肉眼でもガラスが波打っているのが分かりますがフロントガラスに関してはかなり精度が高く曲面でも滑らかに仕上げられており波打ちや歪み等は肉眼では確認できないほどです。

しかしながらガラスコンパウンドを使用した機械磨きでは実際に磨いて研磨できる量は僅かにしても一部分だけ磨きを掛ければ精密に仕上げられたフロントガラスの視界に歪みが生じる可能性があります。

フロントガラスからの視界は非常に大切なもので歪みがあると長時間運転などでは運転手でさえ車酔いしたり頭が痛くなったりします。また距離間隔のズレなども生じて大変危険です。ガラスの歪みがもたらす影響だけは頭に入れておいてください。

6,確認と研磨の繰り返し

上記(5-2)のような理由から全体的に研磨をかけたら1回洗い流し車の中に乗り込んで視界を確認という安全マージンを多く取った作業方法をお奨めします。

本音を言わせていただくとここまで慎重にならなくともガラスが歪むまでには至りませんが、DIY作業を行うにあたって、ましてや初めての作業は慎重になりすぎるくらいの方が無難です。

7,傷の確認と最終仕上げ(ガラスコートなど)

ガラス研磨による傷取りはほどほどにしておきましょう。爪で引っかかるような傷は完全に消すことを目標にせず薄くなれば良いと思っておきましょう。薄くなればそこそこ目立たなくなります。角度によって見える薄いワイパー傷などは研磨によって完全に消せる程度の傷もあります。

最後にせっかく研磨を掛けて最高のガラスコートの下地が出来上がっていることですし、イオンデポジットやウロコがガラスに付きにくくする為にフッ素系ガラスコートでも掛けて仕上げるとなおいいでしょう。

スポンサード リンク