プレストコート加水実験


スポンサード リンク



プレストコートに水を加え親和性と性質を観察。洗浄効果と希釈についての考え。

■プレストコート加水の様子

プレストコート加水前の様子 プレストコートを透明な容器に移します。液剤の色は黄緑色でクリスタルガードワンを濃くしたような印象です。臭いは私の鼻がおかしくなければ石油系のにおいがします。洗浄成分のせいでしょうか?

今回感じたのは加水前に容器内のコーティング剤が分離していたので撹拌するのに手間が掛かりました。自前で撹拌ボールなどを入れておくと便利です。
プレストコート加水後の様子 水を入れて約2倍と思ったんですが勢い余って3倍弱になってしまいました。しかしながら大して希釈されたようには見えない状態。

成分的にも濃い証拠なのか艶に優れているコーティング剤は薄めても大した変化が見られない傾向が分かってきました。濃ければ良いというものでもないでしょうが。

加水実験から分かるプレストコート施工方法裏技

ブリスなどと同様にあらかじめ加水して希釈したプレストコートを使用する方法が適応できそうですが、プレストコートは施工時に洗浄作用も発揮するタイプです。

よって希釈することによって洗浄作用が弱くなってしまう可能性も考えられます。この事を考えると加水して使用することが結果としてどう出るかは不明ですが夏場など、施工時の水分蒸発スピードが速い場合に置いては有効な方法かもしれません。

また濡れた状態ではなく最初から乾いた状態に希釈したプレストコートを塗りこんでみると言う手法でも試してみたいところです。「洗浄剤」の成分が残ってしまう懸念だけが気がかりですが・・・。希釈濃度の推奨はブリスと同等で1.5倍から気温などの状況に合わせて自分のお好みで試してみると良いかと思います。

加水実験から分かる成分的考察

加水前のコーティング剤原液が分離して一部が撹拌しにくいという状態がありますが一度混ざってしまえば加水後でも油のように簡単には再分離しないようですが長期保管時には少々ネックになってしまいそうですね。

ガラス系では今まで無かった現象なので洗浄成分や5年持続する秘密の1つが隠されているのかもしれませんね。今後の実験結果にも期待しているコーティング剤です。

以上がプレストコートの加水実験とその考察結果です。

スポンサード リンク