ハイブリッドナノガラス加水実験


スポンサード リンク



新世代ガラス繊維系コーティングハイブリッドナノガラスの加水実験。

■ハイブリッドナノガラス加水の様子

kasui-hb1.jpg ハイブリッドナノガラス(クルーズジャパン)の加水実験を開始いたします。まず小瓶に水を一定量入れます。(他の実験と逆で申し訳ありません)

コーティング剤の色が薄くなったかどうかが比較しにくいのですが横に置いてある(ラベル下の)原液の色と比べてみてください。

希釈比率は2倍程度ですがこの濃さはブリス以上かもしれません。

コーティング剤自体に少々粘度があってピンクダイヤモンドのようですが、それを更に濃くしたような感じです。

にもかかわらず水との親和性は非常によく、抵抗無く混ざります。基本的にハイブリッドナノガラスは乾式施工なので加水して施工できるか否かが問題ですが・・・。
kasui-hb1.jpg

加水実験から分かるハイブリッドナノガラス

今まで実験してきたコーティング剤と完全に異なる点はハイブリッドナノガラスが完全に乾式施工推奨だと言う点です。放置時間も安定する1時間と少々長めです。これで私は常温硬化型のシラン系ガラスコーティングだと勘違いしてしまいました。

しかしながら常温硬化でなく水とも分離しないコーティング剤なら加水して湿式施工や半湿式での施工はできないだろうか?と思いました。

結果としては裏技的に湿式施工や半湿式での施工は行わない方が無難です。なぜなら乾式状態での施工性がよく、湿式などにするメリットが少ないからです。効果面を考えると逆にデメリットになりそうです。

という事で加水して親和性はありますがハイブリッドナノガラスに関しては乾式施工で裏技的に水などを混入させない方がいいという結果になりました。ただし施工面の温度が高くスポンジが引っかかる場合などには蒸留水をスプレーで加水しながら施工補助をするというのは有りだと思います。

加水実験から分かる成分的考察

乾式施工が推奨されているコーティング剤ですがその実態はガラス繊維系コーティングでブリス等と同じ分類になります。なのに施工方法が異なります。

ブリスを乾式施工で行うと施工は可能なもののかなり拭き取りに手間取ります。不可能ではないが止めておいた方が良い部類です。一方ハイブリッドに関して言えば乾式の方が楽です。ムラもできませんし出来てしまってもその後の水洗いで解消できます。

「ガラス繊維系」の括りの中で何が一体違うのか成分分析などが出来ない私にはこれ以上の事は分かりませんが成分等のバランスで結構変わってくるものなのでしょう。

以上がハイブリッドナノガラスの加水実験とその考察結果です。以前はオークション販売していましたが現在はHPで通信販売のみになってしまったようです

スポンサード リンク