PG1シルバー塗り重ね効果比較


スポンサード リンク



コーティング剤PG1シルバーの重ね塗りによる効果と光沢復元限界を実験により検証

■PG1シルバーの塗り重ねによる光沢復元率の変化

PG1シルバー施工前のテストパネル それではPG1シルバーの実験を開始いたしますが、当実験の目的、詳細な手法等は塗り重ね・光沢限界比較実験をご覧下さい。

まずバフレックスブラックを加圧使用して光沢度を限界付近の20まで落としました。(限界付近で調整可能なので20にしました)傷消し艶出し効果比較実験とほぼ同様ですがこれに塗り重ねていきます。
PG1 シルバー1回目の施工後 左の画像はPG1シルバー1回目の施工です。施工方法は効果の出易い半湿式の施工方法で液剤はほぼ直塗りの絞ったクロスで抜き取りという手法です。

元々PG1シルバーは直塗りで拭き取る手法なので当実験での施工方法も基本に基づいた妥当な施工方法化と思います。結果はなんと!クリスタルガードワンと同等という結果です。25ポイントアップの復元率は225%です。
PG1 シルバー2回目の施工後の光沢上昇 1回目の施工ではCG1やプレストコートなどベースコートとして高性能なコーティング剤と互角の性能を発揮しましたが2回目の施工は左の画像の通りです。

そう、全く変化がありませんでした。あれ?と思いましたがよく考えると界面活性剤入りの汎用性の高いコーティング剤なのでコレは妥当な結果かもしれません。
PG1 シルバー3回目の施工後の光沢度 念のため3回目の施工。微増の1ポイント光沢度上昇ですが光沢復元に関しては限界といったところでしょう。

メンテナンス剤として手軽に使えるPG1は重ね塗りというよりも界面活性剤の効果等により、その都度リセットが出来るコーティング剤なのかもしれません。

PG1silver塗り重ね・光沢復元実験のまとめ

1回目の施工で光沢復元率225%上昇の光沢25ポイント上昇という事でPG1シルバーについては傷消し効果比較実験では並みのレベルの性能しか発揮できませんでしたが劣化を模したパネルへの施工の1回目に関してはCG1やプレストコートなどとほぼ同等の性能を発揮しました。

以前界面活性剤によるクリーナー効果を持たせたアクアクリスタルを塗り重ねたときに体感的効果が感じられなかった事もあり、PG1シルバーの塗り重ね実験に際して、成分を見たときに界面活性剤の成分が多めだということは危惧しておりました。

予想通りといいますか、PG1シルバーは当該コーティング剤のメーカーの説明からも分かるとおり最初からガラス系や硬化反応を謳い文句にしたコート剤では無く、塗り重ねによる光沢度上昇などの効果は得られませんでした。

もちろん光沢度に関してのみの結果になりますので撥水状態や手触りは連続した重ね塗りで変化が見られる可能性はあります。ベースコートのメンテナンス剤(もしくはTOPコートという考え)及び、ベースコートという概念抜きでも施工が頻繁(月1回)程度の施工ならかなり良い状態を保てるでしょう。

これらの性能は施工後の初期性能ですので参考程度に考えてください。以上PG1シルバーの塗り重ね・光沢復元率比較実験です。 

スポンサード リンク