ブリスの耐久性、持続性検証


スポンサード リンク



ガラス繊維系コーティング・ブリスの洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるブリスの耐久性


ブリスの耐久性、持続性実験画像 それではブリスの耐久性検証実験を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子で塗り重ね限界まで施工してあります。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
1回洗車後の光沢の変化 まず1回目洗浄を行います。カーシャンプーには濃縮用で非常に泡立ちが良いベースとして使用できるボディークリンを100倍希釈にして使用しています。

手を置いた程度の加圧無しで2往復スポンジを滑らした後マイクロセクロスで拭き取り。普段の手洗い洗車そのものです。結果は-2という事であまり変化無しです。
ブリス施工パネル3回洗車後の光沢度 次は3回洗浄後の光沢度測定です。3回ともマイクロクロスで水分拭き取りまで行っています。結果は-2ポイントという事で減少は意外と少なく収まっています。

印象としては洗車すると初期光沢が大きく減退するといった感じだったんですが屋内保管で被膜が安定しているのでしょうか?
ブリス施工パネル5回洗車後想定の光沢度 5回洗車後を想定した光沢度測定です。5回全てマイクロクロスで水分を拭き取る作業をしています。この時点で10往復擦っていることになります。

毎週洗車をする人は1ヶ月とちょっとというイメージをしていただければちょうど良いと思います。この時点でブリス塗り重ね後から-7ポイント。
100往復洗車後の光沢度 カーシャンプーとスポンジで20往復ごとにカーシャンプーを補充しながら100往復擦った後拭き取った後の様子です。光沢度は45まで減少しましたがこれ以上の艶の減退はいくら洗っても極端には現れないでしょう。

結果としては塗り重ね限界の数値から-10ポイントという事でいくら洗ってもそこまで艶は減退しないことが分かりました。

ブリスの耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

結果はカーシャンプーを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、ブリスを塗り重ね限界まで施工したテストパネルの光沢度は-10ポイントの45になりました。光沢維持率は82%です。

当実験は傷が入っているパネルなので実際の平坦の塗装でどの程度光沢維持が出来るかは不明ですがブリスに関しては初期の艶引けがもっと早いものだと思っていましたので意外といえば意外です。屋内で被膜を養成するような状態だったので安定し良い状態だったのかもしれません。

簡易型のガラス繊維珪素系コーティングでコレだけの性能が発揮できればやはり高性能と言わざるを得ない性能でしょう。現在定着している被膜は洗車等では到底除去できないレベルで形成されていると思われ100往復以上擦っても変化がなかったことから目安として100往復洗車ということにしてあります。

以上がブリスの界面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。

スポンサード リンク