プレストコートの耐久性検証


スポンサード リンク



ガラス繊維系コーティング・プレストコートの洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるプレストコートの耐久性


プレストコート耐久性検証パネル それではプレストコートの耐久性検証実験を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子でプレストコートを塗り重ね限界まで施工してあります。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
プレストコート施工面の仮想洗車1回目 まず1回目洗浄を行います。100倍希釈のボディークリンを使用している点は同様です。

手を置いた程度の加圧無しで2往復スポンジを滑らした後マイクロセクロスで拭き取り。普段の手洗い洗車そのものです。結果は-1ポイントという事でほとんど変化無しです。優秀!?輝きの具合は衰えていません。
プレストコート施工面の仮想洗車3回後 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度ですがちょっとガクンと光沢度に変化がありましたが視覚的な変化はそこまで大きく感じられません。

コレが初期光沢の減退という現象でしょう。しかしながらベースの光沢が良かっただけにまだ55という高水準の光沢度を保っている事が高性能の証明をしています。
施工面の仮想洗車5回後の様子 5回洗車後を想定した光沢度測定です。もちろん5回全てマイクロクロスで水分を拭き取る作業をしています。仮想3回の洗車時にはガクンと落ちましたが今回は維持?(+1)しました。

恐らく初期の光沢減退が起きた後はそこまで極端に大きく光沢は落ちないということでしょう。しかしながら撥水には若干変化も見られました。
プレストコート施工面を100往復洗った後 スポンジで100往復洗った後の光沢です。5回目の洗車から-2ポイントの光沢減退ですが仮想3回目の洗車以降光沢の減退は極端に少なく、ほぼ維持している様子です。

トータルで-10ポイントですがカーシャンプーを使用した洗車程度ではこれ以上の光沢劣化はよっぽどの事が無い限り変化しないでしょう。

プレストコートの耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

プレストコートに関する検証結果はカーシャンプーを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-10ポイント、光沢維持率84%です。

今回感じたのはツルツル感と洗車後の滑水性が非常に高いな~という点です。実験のパネルなので傷が満遍なく入っており平坦化はコーティング剤に依存しているにもかかわらず状態変化を維持できるのは、やはりプレストコートのコーティング剤としての性能そのものなのでしょう。

艶引けとしては-10ポイントでしたが3回目以降の仮想洗車検証ではほとんど光沢度が変化せず維持していたのでカーシャンプーを使用した洗車での光沢維持性能は高く、更に初期光沢減退後の維持光沢状態でも艶や傷消し性能に置いては非常に良い性能を発揮していると感じられます。

光沢度-10ポイント、光沢維持率84%。以上がプレストコートの界面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。

スポンサード リンク