リアルクリスタルの耐久性検証


スポンサード リンク



常温硬化型ガラスコーティング、リアルクリスタルの洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるリアルクリスタルの耐久性


リアルクリスタル施工パネル それではリアルクリスタルの耐久性検証実験を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子でリアルクリスタルを塗り重ね限界まで施工してあります。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。硬化型だけに期待です。
リアルクリスタル施工パネルの1回目洗車後の様子 まず1回目洗浄を行います。100倍希釈のボディークリンを使用している点は同様です。

洗っている時から弾く感じが感じられ水で流してもかなり良い感じで水が掃ける感覚です。結果も良好で僅か1ポイントの減少に留まりました。耐久性が謳い文句だけに期待は高まります。
リアルクリスタル施工パネルの3回洗車後の様子 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度です。光沢度は全く変化無しの45をキープしており視覚的変化、撥水の性質等にも変わりはありません。

やはり常温硬化型が安定した時の被膜はハイスペックなのでしょうか?耐デポジット性能が高ければ言うことはないんですが・・・。
施工パネルの5回洗車後の光沢度 5回洗車後を想定した光沢度測定です。もちろん共通項で全ての工程でしっかりマイクロクロスで拭き取り作業まで行っています。

光沢は-1ポイントでほとんど視覚的変化は感じられず被膜性質は傷が入っているにもかかわらず相変わらず疎水<滑水性で水が掃けます。トータルでもここまでで-2ポイントです。
施工パネルの100回洗浄後の艶 スポンジで100往復洗った後の光沢度です。前工程より1ポイント+になっていますが測定誤差範囲だと思われます。すなわち光沢減退をほとんどしていないということになります。

効果が出ると思われていた塗り重ね実験では期待はずれとなってしまいましたが逆に耐久性検証ではかなり高い性能を発揮してくれました。

リアルクリスタルの耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。とはいえリアルクリスタルは上記の条件でかなり良い結果を残してくれました。

リアルクリスタルに関する検証結果はカーシャンプーを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-2ポイント、光沢維持率95%です。付け加え滑水性質維持も約8割程度といった感じでほとんど変化無しです。

と良いことばかり書かせていただいていますがこれは当検証に置いてのみの結果であり、耐イオンデポジット、艶、傷消し性能などを考慮したうえで最終的にコーティング剤を選ぶときの1因にしていただければと思います。

今回の実験では塗り重ねや傷消し効果比較実験に置いてはガラス繊維系に思いのほか性能が届かなかったのに対して光沢維持に関して言えば圧倒的ともいえる性能で、耐久性に関しては1つの確信になりえる結果を得ることが出来ました。

光沢度-2ポイント、光沢維持率95%。以上がリアルクリスタルの界面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。

スポンサード リンク