This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > soft99 TRIZの評価 > ソフト99TRIZ(トライズ)の効果解説

ソフト99TRIZ(トライズ)の効果解説


スポンサード リンク



珪素系コーティング、ソフト99TRIZ(トライズ)の効果、成分等の解説

■ソフト99TRIZ(トライズ)について


ソフト99 トライズはカーワックスやケミカルの大手メーカーsoft99から発売されたガラス繊維系コーティングで後発ながら100ml3000円という結構な価格設定である事から製品についての自信は伺えます。

プロ仕様の最先端技術を生かして開発しているということで同メーカーのプロスペックガラスコーティングであるG`ZOXの技術応用を彷彿させますが定かではありません。(そもそもコンセプトが異なるような・・・)

販売に関しては大手だけあってカー用品店か楽天だったら現在SOFT99ショップのみの販売となっています。

ソフト99 TRIZ(トライズ)の成分

ソフト99 トライズはガラス繊維系に属するコーティング剤で成分表示は珪素系樹脂、シリコーン、アクリル樹脂と表記されています。臭いからしてIPA(アルコール)系の混入は無いかと思われます。

珪素系樹脂の概要としては珪素を主骨格に架橋されたレジンポリマーのようです。珪素系は他の樹脂と架橋した変性ポリマーが多いのですがレジンを使っているガラス系は結構珍しいです。

またシリコーンオイルの表記もありますがシリコーン=シリコンオイルなので他のガラス繊維系にも恐らく含まれているものが多いでしょう。ただし変性シリコーンは多種ありますのでどのような分子構造で結合しているかは不明です。

アクリル樹脂に関しては経験上傷消し、傷埋め効果が高い傾向にあるように思えます。当自動車コーティング比較実験のうち重ね塗りではアクリル樹脂を含むポリラックシリーズが非常に大きな効果を示しています。

ソフト99 TRIZ(トライズ)の使用用途・範囲

メーカーの公称使用範囲はボディー、バンパー、グリル、ガーニッシュ、ホイール、ライトとなっていますので他のガラス繊維系同様にガラスとタイヤ以外は大体使えると考えていただいて支障無いかと思います。

ブリスNEOのように家具などに対応しているかまでは未検証ですがシリコーン系のものは大体樹脂製品に攻撃性が少なく艶出し、保護の目的で使用できますので、成分が染みこんでしまう木や皮など以外だったら多目的に使用できそうです。

ソフト99 TRIZ(トライズ)の効果(メーカー等の公称)

さすが大手メーカーというべきか表記がハッキリとしています。効果持続性に関しては=光沢持続期間としており、控えめな3ヵ月の表記です。他のガラス繊維系、ガラス系が軒並み半年以上の効果持続性を謳っているのに対してあくまで誇大広告しないということでしょうか?

実際に3ヵ月で完全に効果が失われてしまうようだったら費用対効果は比較的悪い部類になってしまいそうですがその辺りも検証できればと思います。

主な効果の公表は3ヶ月間の艶の持続、樹脂成分による傷消し、傷埋め効果、防汚、疎水性被膜による酸性雨のダメージ・水垢固着防止などが書かれています。帯電性や紫外線吸収に関しては特に言及されていません。

ソフト99 TRIZ(トライズ)な施工方法

施工方法としてはガラス繊維系コーティングに代表される、洗車後に濡れたまま施工できる「湿式施工タイプ」です。湿式施工ではコーティング前に水分の拭き取りがいらない為、手間的には乾式施工より優れています。

施工方法は1通りしか書かれておらずとにかく水分は必要というようなことが書かれていますので半湿式よりも完全な湿式施工の方がいいのかもしれません。

流れとしては当サイト推奨の手洗い洗車  →スポンジにトライズをスプレー →濡れたボディーに縦横に2往復ずつ丁寧に塗りこみ施工します →最後に流水でボディー全体(またはパネル単位)を流します →拭き取り用マイクロクロスで水分拭き取り。

上記の手順で基本的な施工が完了します。余剰成分によるムラの対処としては水でよく流す、堅絞りのクロスで拭くという基本的な対処方法が書かれていますが、よっぽど乾燥しなければ延びも非常に良好ですし、ムラも出来にくいように思いますので施工性はいいと思います。

施工性の良さを考えると半湿式に関しても施工できそうな感触ですが、SOFT99の説明では半湿式に類似している施工方法の表記はありませんでした(むしろ加水する指示があります)

スポンサード リンク