ポリマーG1000の口コミ使用記


スポンサード リンク



洗車マニアックス掲示板に投稿されたポリマーG1000の口コミレビューです。

以下の情報は掲示板利用者のボヤッキーさんが実際に使用して書き込んでいただいた内容を編集した情報です。

ポリマーG1000の口コミレビュー

今日ポリマーG1000が届いたので早速施工してみました。コーティング剤の臭いはエタノールみたいな強烈な臭いがします。アルコールが含んでそうなんでこれで油膜落しの効果があるかなと思いました。実際窓ガラスに施工してみたら、油膜が取れて視界が良くなったと思います。

ポリマーG1000の施工方法と施工性について

施工方法はブリスなどのガラス繊維系と同じ湿式方法で、水垢や埃を洗い流して、ぬれたまんまで、ポリマーG1000をスプレーしてスポンジで伸ばして、余剰成分を水で洗い流して、拭き上げて終了です。私はガラス繊維系コーティングは初めてなんですが、ムラにならず、簡単に施工することができました。

ポリマーG1000の艶、輝きについて
仕上がりは、ガラス繊維系の硬質で鮮やかな艶になったと思います。傷消し効果に関してはないかなと思いました。ブリスやCG1などの高級ガラス繊維コーティングは使ったことがありませんのでどれほど艶や性能が違うか分かりませんが、低価格でお気軽にコーティングできるので私は気に入りました。

ポリマーG1000の耐久性

耐久性に関してはまだ施工したばっかりなんで分かりませんが、1月持てば良いかな?と思ってます。簡単に施工できるし、濃縮タイプなんで薄めて使うから、量も多いし、値段も安いからメンテ剤として使えると思います。

艶などこだわる人には満足いく製品かどうか分かりませんが、手軽にきれいにしたい人にはオススメかと思います。

適応性、汎用性、その他の情報

零三式の11型のインプレと見比べても良く似た製品かなと思います。アルコールの臭いが強烈にするところや、フッ素が入っているところが似ているのかもしれません。

水弾きに関してはものすごく撥水するんですが、固形ワックスとかと違い排水性がいいものだと思います。窓ガラスに施工するとガラコのように水を弾いてくれます。

親水系や疎水系が好きな人には向いてないコーティング剤だと思います。窓ガラスやホイール樹脂パーツにも使えるので、今後ゴールドグリッターの後釜として使おうかなと思っています。

管理人によるポリマーG1000の情報


ガラス繊維系ポリマー・ポリマーG1000・600ml
フッ素、珪素系ポリマーという事でこのタイプでも珪素系なのでガラス系コーティングと呼びかえることも出来ます。フッ素系の性質が強いようで口コミレビューの投稿からも分かるとおり強撥水性質だと思われます。

プロパノールはIPAと同等の物で呼び方の違いだけでありアルコールを指します。このため脱脂性能+コーティングという手間が掛からない施工が可能です。

値段設定は安くなっているような設定でうまいと思いますが、業務用の「フッ素ポリマー」と呼ばれるものであれば妥当で求めやすい設定だと思います。

濃縮原液タイプのポリマーG1000・500mlのセット
製品のラインナップも比較的豊富で、濃縮タイプも用意されているところなど、ユーザーの選択肢を増やしており好感が持てます。

また他製品の価格も(値引き後の価格は)安価で求めやすくなっているように思えます。拘りぬいた製品性は感じられませんが多くのユーザーに手軽に良い物をというコンセプトは「試してみたい」という気にさせてくれます。


スポンサード リンク