クリスタルガード・ワン耐久性検証


スポンサード リンク



ガラス繊維珪素系クリスタルガード・ワンの洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるクリスタルガード・ワンの耐久性


CG1施工前のテストパネル光沢度 それではクリスタルガード・ワンの耐久性検証実験を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子でCG1を塗り重ね限界まで施工してあります。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。簡易施工のガラス繊維系でどこまで耐久できるのか?
クリスタルガードワンの初期光沢減退の様子 まず1回目洗浄を行います。100倍希釈のボディークリンを使用している点は同様です。

結果は最初なのに-6ポイント。ガラス繊維系のコーティングの中で初期光沢減少は一番激しいと言う結果です。なんとなく暗雲が立ち込めてきますが実験を続けていきます。
CG1仮想3回目の洗車後の光沢度 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度です。1回目の洗車でかなり光沢度が急降下したので心配でしたが打って変わって仮想3回洗車後の光沢度に関しましては現状維持変化なしの±0です。

性質上なのか私の施工方法が半湿式だったからか原因は不明ですが初期光沢が減退した後に関しての維持率は高い?
CG1の仮想5回洗車後の光沢度 5回洗車後を想定した光沢度測定です。じわじわ落ちていくと思われた光沢度ですが僅か-1ポイントという事でほぼ前回から比較して光沢度を維持している状態です。

完全に出来上がった被膜に対してのカーシャンプーやスポンジによる摩擦耐性はかなり強力そうです。
クリスタルガード1の100往復洗車後 スポンジで100往復洗った後の光沢度です。コレもまた変化無しで維持しています。宣伝文句に賛否両論はあれど伊達にクリスタル被膜を語っていないと言うことでしょうか?

最終結果は-7ポイントの光沢度55ポイントで光沢維持率は約89%ということでブリスXと同様でガラス繊維系としては維持率はTOPクラスの高さになっています。

クリスタルガードワンの耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

CG1に関する検証結果はカーシャンプーを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-7ポイントで光沢維持率は89%でした。コレは同系コーティング剤のブリスXと並ぶ性能です。

施工方法によるものが要因なのか、被膜の特性なのか分かりませんが1回目の仮想洗車では初期光沢の減退が大きいが気になった点です。しかしながらその後の耐久性にも目を見張るものがあります。

最初にあれだけの光沢減退があったにもかかわらずその後は全工程終了しても-1ポイント言う耐久性です。特殊な状況下で本来の施工環境ともかけ離れてはいますが非常に興味深い結果でした。

初期光沢が減退した後の耐久性で考えると同実験環境ならリアルクリスタルなどのシラン系ガラスコーティング剤の耐久性に匹敵する性能を持っていました。とはいえその初期光沢が減退した分のも被膜の一部であり剥がれてしまったと言う可能性を否定できないのも事実です。

光沢度-7ポイント、光沢維持率89%でした。以上がクリスタルガード・ワンの界面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。

スポンサード リンク