ピンクダイヤモンド耐久性検証


スポンサード リンク



ガラス系コーティング、ピンクダイヤモンドの洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるピンクダイヤモンドの耐久性


検証前パネルの光沢度 それではピンクダイヤモンドコーティング剤耐久持続性検証を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子でピンクダイヤモンドを塗り重ね限界まで施工してあります。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
施工面1回洗車後の耐久性検証 ボディークリンを使用した洗車1回目の光沢度です。通常の洗車を模して2往復スポンジで擦ってマイクロクロスで水分を拭き取った後の光沢度です。

ガラス繊維系コーティングにしては珍しく初回洗車で-8ポイントの光沢減退をしてしまいました。今後の維持率に期待します。
ピンクダイヤモンド施工面仮想3回洗車後の光沢維持 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度です。1回目の洗車で光沢度が大きく落ちたので心配でしたが早くも安定の兆しで-1ポイントに留まりました。

ガラス繊維系にしては初期の光沢減退が大きいのが気になりますが安定度は同様に高そうです。以降の実験でどうでるか。
ピンクダイヤモンド施工面の5回洗車後の光沢度 5回洗車後を想定した光沢度測定です。やはり安定してきたのか-2ポイントの光沢減退に留まりました。他ガラス繊維系コーティングと比較すると若干低めの光沢度まで落ちましたが51の光沢度を保持しています。

もしかすると施工時にムラが目立ったのは余剰成分でその分が光沢として数値になっていたのかもしれません。
ピンクダイヤモンド施工面100往復洗浄後 スポンジで100往復洗った後の光沢度です。+2ポイントとなってしまいましたが測定誤差!?恐らく光沢減退は仮想3回目の洗車時あたりから安定していたと思われます。

よって初期光沢減退は大きいもののその後の耐久性、安定性は高いコーティング剤と言えそうです。-9ポイント、光沢維持率82%です。

ピンクダイヤモンドの耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

ピンクダイヤモンドに関する検証結果はカーシャンプーを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-9ポイントで光沢維持率は82%でした。検証結果後半部分の耐久性を考えるとまずまずの性能と言えそうです。

1回目の仮想洗車で光沢減退が大きいのはなんとなく予想が付いています。ピンクダイヤモンドのメーカー推奨の施工方法には乾式に近い施工と乾式で施工して最後に水で洗い流すという乾式+湿式仕上げと言う若干変わった施工方法があります。

当然当実験では全てのコーティング剤において効果を最大限に引き出す施工方法を実施しているつもりなのでほぼ乾式施工を行っているわけですが傷の入ったテストパネルはムラになりやすく仕上がりが均一ではなかった為光沢は出ているものの定着が弱かった為起きた現象だと思われます。

2回目の検証で仮想3回洗車後の光沢度に関してはすでに安定の兆しを見せており最終的な光沢度53ポイントと僅か1ポイントしか違いありません。(手前では51ポイントにもなってしまっていますが、どちらを採用するか難しいところです))

酸化しない2μの被膜や鳥糞に対抗できる唯一の~が売り文句になっていますがその辺りの検証はまだまだ出来ていません、当検証は耐久性に関する性能の1部として参考までに。耐イオンデポジット、艶、傷消し性能などを考慮したうえで最終的にコーティング剤を選ぶときの1因にしていただければと思います。

光沢度-9(11)ポイント、光沢維持率82(81)%でした。以上がピンクダイヤモンドの界面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。

スポンサード リンク