ポリラックエアロプレーン耐久性検証


スポンサード リンク



ポリラックエアロプレーンの洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるポリラックエアロプレーンの耐久性


施工後のパネル、洗車前 それではポリラック エアロプレーコーティング剤耐久持続性検証を実施いたします。画像は加圧研磨に熱を加えながら施工を施した後にハイブリッドナノガラスを施工しています・映り込みを見れば他のパネルといかに違うかが分かるかと思います。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
1回目の洗車後の光沢度 ボディークリンを使用した洗車1回目の光沢度です。通常の洗車を模して2往復スポンジで擦ってマイクロクロスで水分を拭き取った後の光沢度です。

もっと大きく下がるかと思いましたが-3ポイントに留まりました。研磨による光沢が無くても耐久性がそこそこある予感です。
施工パネル3回目の洗車後 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度です。1回目の洗車で光沢が5ポイント落ちましたが今回は±0の維持状態です。

1回目の光沢減退からして耐久性には期待できないかと思いましたが・・・まさかこのまま維持ということは無いでしょう!もしこのまま維持できれば最高なのですが。
エアロプレーン施工パネル5回目の洗車後 5回洗車後を想定した光沢度測定です。-5ポイントという事で前回変化が無かった分まとめて来た感じでしょうか?ちょっと不思議な下がり方をしますね。

ハイブリッドナノガラスを重ね塗りしたせいでしょうか?ポリラックと相性は良さそうですが重ねたときの耐久性に関しては難が残るかもしれません。
施工パネル3回目の洗車後 スポンジで100往復洗った後の光沢度です。ここでも-3ポイント落ちましたが・・・100往復洗浄→拭き取りでこの程度ですから、比例して光沢減退しても80以下の光沢度まで下げるのは至難の業のはずです。

研磨によって光沢が復元されている分に関しては洗浄などでは変化しませんのである意味本当の光沢復元!?と言うのでしょうか。

ポリラックエアロプレーンの耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

更にこのパネルにエアロプレーンを塗りこむ際には研磨性能の検証のため80度以上に過熱して、更に乾燥させながら加圧研磨を模した施工を行っています。※加熱は乾燥促進と塗装を軟化させるための措置です。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

ポリラック エアロプレーンに関する検証結果はカーシャンプーを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-13ポイントで光沢維持率は87%でした。

ポリラックシリーズが三種類ありその性質が大して当実験に置いて変わりなさそうでしたので、変化をつけた実験を行う為カーラック、ポリラック、エアロプレーンでそれぞれ異なった施工を行い、当ページのエアロプレーンに関しては加熱加圧研磨+ガラス繊維系コーティングを重ねた場合の耐久性を見てみました。

単純に非研磨系で最高クラスの塗り重ね光沢を誇ったハイブリッドナノガラスをポリラックの樹脂傷埋め硬化+研磨を組み合わせて、どこまで光沢復元が可能であるか検証したかったと言う点もあります。

1回目の仮想洗車後の光沢度は-5という事で少し大目の光沢減退、続く仮想3回洗車後では変化が無かったものの5回後では更に-5ポイントでこの時点で-10。

初期光沢は追随を許さない高さでしたが減退は意外と大目です。ポリラック被膜に重ねたハイブリッドナノガラスは光沢には貢献しましたが定着はしにくいのかもしれません。

最終的には100往復洗浄で更に-3で、トータル13ポイントでした。最初の光沢が高すぎただけに実験を終えた後のパネルであっても光沢はかなりあるように思えます。なんと言っても13マイナスで85もありますから・・・。

しかしながらこの実験の場合、研磨効果であると断言に至る確たる証拠はありませんが考えられるのは熱を加えたことによる樹脂成分の効果か研磨による傷消し効果が考えられます。

純粋に被膜が落ちるか落ちないかの耐久性を艶で判断するのは若干フェアではなく比較しにくい結果となってしまいました。加熱・加圧研磨を除いた場合の結果はカーラックとほぼ同等になると思われますので参考までに。

実験結果としては光沢維持率は標準より少し高めで光沢度は断トツで高いということになりましたが耐イオンデポジット、艶、傷消し性能などを考慮したうえで最終的にコーティング剤を選ぶときの1因にしていただければと思います。

光沢度-13ポイント、光沢維持率87%でした。以上がポリラック エアロプレーンの界面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。

スポンサード リンク