ポリラックの耐久性、持続性検証


スポンサード リンク



樹脂系コーティング、ポリラック・カープロテクトの洗車回数における耐久性、持続性

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるポリラックの耐久性


ポリラック重ね塗り後のパネル それではPOLY-LACK (ポリラック・カープロテクト)コーティング剤耐久持続性検証を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験で研磨性能を検証するため加圧+熱を加えて施工しています。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
洗車1回後の耐久性 ボディークリンを使用した洗車1回目の光沢度です。通常の洗車を模して2往復スポンジで擦ってマイクロクロスで水分を拭き取った後の光沢度です。

なぜか初回で-3ポイント。初期光沢が高いうえに光沢減退も少なめ。やはり施工方法の影響でしょうか?
仮想洗車3回後の耐久性 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度です。徐々にですが光沢は減退していきます-4ポイント。

研磨による影響だけなら光沢減退はしないはずですが、やはりポリラックそのものに傷を隠蔽する能力があるのでしょう。その部分の光沢減退と考えます。
ポリラック施工後5回洗車後の様子 5回洗車後を想定した光沢度測定です。ここに来て光沢減退はストップ85という光沢度を維持できればかなりいい結果と言えます。

他のコーティング剤とあえて施工方法を変えて検証しますが、同条件で同種のカーラックで実験をしましたが明らかな違いが出てきました。
100往復洗浄後 スポンジで100往復洗った後の光沢度です。この状態でも-1ポイントという事でほとんど変化無しです。

樹脂成分による傷埋め効果、研磨性を引き出す施工、熱を加えた相乗効果によってこのように高い塗り重ね?といいいますか傷埋めの積層効果が発揮され減退しにくい光沢を生み出したと考えられます。

ポリラックの耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

またポリラックのテストパネルは塗り重ね時に加熱した上で加圧・摩擦施工をしており、樹脂成分の傷埋め効果や研磨性を極限まで引き出すような施工方法をしており機械施工に近い状態で施工しております。

POLY-LACK (ポリラック・カープロテクト)に関する検証結果はカーシャンプーを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-8ポイントで光沢維持率は91%でした。

まず1回目の仮想洗車後の光沢減退は-3という事で初期光沢が極めて高くなった状態にもかかわらず減退は大きくありませんでした。3回目でも-4という事で平均的、そして5回目では光沢減退がストップ。最終的に100往復洗浄を行った後でもトータル-8ポイントという事で高い維持率を示しました。

比較の情報になりますが同種系統のコーティング剤の同様の実験でポリラックエアロプレーン耐久性検証ではガラス繊維系コーティングのハイブリッドナノガラスを更に重ねたところ光沢度98という驚異的な光沢度を出すことが出来ましたが結局のところ光沢維持率は劣ってしまいました。

施工方法を過熱+研磨は抜きにして通常通り施工したカーラックの耐久性検証では初期光沢も若干低く光沢維持率がかなり下がってしまいました(耐久性実験における参考光沢維持率:エアロプレーン87%、ポリラックSTD91%、カーラック80%)

これをふまえるとやはり施工方法によってバフレックスの傷が研磨によって若干消えているか、熱によって樹脂が傷に入り込み隠蔽性能を高めているなどの現象が推測できました。

そして耐久性を高めている部分は加熱+研磨性を生かした施工をした部分だけで通常の施工、またはこの上に多種のコーティング剤を重ねた場合は同様の耐久性は発揮できないことが分かりました。

当実験参考時の注意点

この実験ではかなりの好結果が出ていると思われがちですが通常の塗装面がこれほど細かく満遍なくいい具合で傷つくことはありません。洗車時に付いた洗車傷は思いのほか深い傷です。同様の施工方法を持ってしても傷が消えることはありませんので誤解なきようお願い申し上げます。

光の加減でうっすら見えるような傷に関してはかなり高い効果を発揮するかもしれません。しかしながらキレイな塗装面に熱を加えて加圧研磨(特に手磨き)は厳禁です。逆に傷が付く可能性すらありますので自身の責任で作業してください。

※普通の施工方法でも多種のコーティング剤と比べると抜き出た傷埋め効果は持っていると思います。通常施工方法で重ねることをお奨めします。

という事で今回の「耐久性」艶の維持という面で参考にしていただき、撥水、滑水性質。耐イオンデポジット、傷消し性能などを考慮したうえで最終的にコーティング剤を選ぶときの1因にしていただければと思います。

光沢度-8ポイント、光沢維持率91%でした。以上がPOLY-LACK (ポリラック・カープロテクト)の界面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。

スポンサード リンク