零三式11型ポリマー耐久性検証


スポンサード リンク



ガラス系コーティング、零三式11型の洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦における零三式11型の耐久性


洗浄前のパネル それでは零三式コーティングポリマー11型の耐久性検証実験を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子で塗り重ね限界まで施工してあります。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
洗車1回目 まず1回目洗浄を行います。カーシャンプーには濃縮用で非常に泡立ちが良いベースとして使用できるボディークリンを100倍希釈にして使用しています。

手を置いた程度の加圧無しで2往復スポンジを滑らした後マイクロセクロスで拭き取り。普段の手洗い洗車そのものです。結果は-1という事であまり変化無しです。
洗車3回目 次は3回洗浄後の光沢度測定です。3回ともマイクロクロスで水分拭き取りまで行っています。結果は+1ポイント!?というより最初施工部分未施工部分の差が感じられないような感じもします

う~ん耐久性の検証も難しいです。耐久しているといいますか、掛かっていないような状態にも見えてしまいます。
洗車5回目+100往復洗浄 変化が感じられなかったため急遽5回洗車+100往復洗浄後を一緒に画像掲載します。

この時点で110往復洗浄を行っていますのが変化はこれと言って視覚的にも現れなければ数値にも出ません。耐久しているかというと零三式22型のように撥水も無く、11型に関しては何も施工されていない感じです。
洗浄面、未洗浄面の比較 という事でマスキングテープを剥がして境界線を確認しますが、境界線でさえ曖昧です。かろうじてテープの糊のせいで分かる程度です。今までの拭き取りの摩擦等の影響か左右の光度差もあまりありません。

実車施工ではイージーでライトな艶が出ますし、撥水もソコソコする比較的お気に入りの11型ですがどうやら劣化が過ぎると極端に効果が落ちるようです。

零三式11型の耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

ちょっと実験が失敗に終わったという感覚が否めないのですが、重ね塗り効果比較実験時にはそれなりに皮膜は出来ているのかな?と思いましたがいざ実験を始めようとしてみると施工されているか否かすら判らない状態になっていました。

確かに2ヶ月弱の間隔が開いてしまい他のコーティング剤よりも放置時間が長かったのですが屋内保管なのでそこまで劣化しやすい環境には晒されていなかったはずなのですが・・・。

零三式11型の特徴として私なりなんですが、体感としては実車塗装面=体感高い。傷大目のパネル(傷消し実験)=それなりの効果。かなり荒れた塗装面(重ね塗り実験)=ほぼ効果が感じられない。

という以上のような極端な結果が出ていますので、バフレックスでかなり荒らしてしまったテストパネルの状態が零三式11型の定着を著しく阻害する性質を持っていたのかもしれません。実際に塗り重ね実験時のテストパネルのレベルまで荒れていることはまず有りません。

他にも1部のコーティングでそうでしたが、塗り重ね実験で効果が低かったコーティング剤に関しては、当実験方法で耐久性を比較するのはフェアじゃないとは言えませんが、同条件とは言え必ずしも適した実験では無かったかもしれません。

少なくとも零三式11型に関しては当実験で耐久性の目安になる様な結果は得られなかったので残念です。という事で当実験はノーコンテストもしくはこのような結果もあるという事を参考にしていただければと思います。

逆に考えれば零三式は下地処理をしたほうが効果が高いと取れますし、効果が弱く感じるユーザーは軽く手磨きや水垢落しシャンプーで慣らしてやるなどを行うといい結果が得られるかもしれません。「ガラス繊維系」のように万能じゃないとも取れます。様々な答えを導き出して下さい。

以上が零三式コーティングポリマー11型の界面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。

スポンサード リンク