Diaglanz SP1の効果解説


スポンサード リンク



シラン系硬化被膜型ガラスコーティングSP1の施工方法、性質等の効果解説。

■カーシャインDiaglanz SP1について


sp1(カーシャイン)
Diaglanz SP1
Diaglanz SP1はカーシャインから発売されたアルコキシランを主成分としたシラン系硬化被膜型ガラスコーティングです。

販売は現在オリジナルのオンラインショップで行っており、すでに2007年現在で8年間のネット通販実績があるカーコート&ウォッシュケミカルの専門店です。

種類が多く製品パッケージや名前が似ている感じなので若干迷うところもありますが、掲示板サポートなどが非常に優れており安心感があります。

カーシャインSP1の成分

SP1の成分はシラン硬化系特有でアルコキシラン、IPAという事で現在楽天市場などで主な通販の硬化系コーティング剤であるリアルクリスタルやG-haedと同様の成分です。IPAは主剤の溶剤及び揮発+水分を呼び込む役割です。シランはオリジナルの化合でクリスタルシランと言うらしいです。

しかしながら上位モデルのSG1とは、あえて差別化されていることから成分的にSP1の方がアルコキシランが少ないか、硬化反応速度を落してるなどが考えられ、湿式施工できるあたりも硬化系としては扱いやすいほうかと思います。

成分のアルコキシランは空気中の水分と反応して硬化反応を起こす湿分反応硬化物質で、SIO2(石英ガラス)に転化するといわれています。被膜硬度は非常に高い部類でガラス繊維系を上回ります。実用硬度まではすぐに達するようですが実際は反応の収束までは1ヶ月程度を要するとも言われています。

事実硬化系のガラスコーティングは施工直後の雨天後の晴れなどで非常にイオンデポジットが残りやすい傾向にあることは確かです。

ガラス繊維、珪素、フッ素、セルロース繊維他、となっています。一般的なガラス繊維珪素系のコーティング剤と代わりありません。ガラス被膜費付着したデポジットは酸系のクリーナーで容易に除去できますが酸の扱いにも注意が必要なこともネックです。

カーシャインSP1の使用用途・範囲

自動車ボディー、樹脂部分、アルミホイール、ゴムモールなどの部分に多様に対応しているようです。。ガラスへの施工は問題ないとしていますがメーカー側でも専用のガラスコートを使用することを進めています。

未塗装バンパーなどの対応も他の硬化系コーティングと同様対応でき、長期間黒く光らせることが可能です。耐久性を求めるならガラス繊維系よりも優秀です。

カーシャインSP1の効果(メーカー等の公称)

具体的な効果持続期間は言及されていませんが3ヵ月に1度程度施工できれば常に施工後の輝きを維持できる様な感じになると言うことです。硬化被膜系の耐久性は比較的高いので実質被膜の残存期間は1年以上と見てもいいと思います。

同系統の製品については大抵1年以上の効果持続期間を謳っています。撥水特性は弱親水で水滴接触角度40°以下でイオンデポジットの発生を抑える仕様になっているようです。シラン系はイオンデポジットが付きやすい印象がありますので用検証です。

親水特性で防汚性能にも優れておりセルフクリーニング(自己洗浄作用)も働くとの事ですが使用環境で完全に親水の特性を生かすのは難しいユーザーさんもいるかもしれません。

SP1の基本的な施工方法

乾式施工が一般的とされている硬化系のコーティング剤ですがSP1に関しては絞った濡れクロスにコーティング剤をつけて塗り延ばしていく半湿式施工が正規の推奨施工方法のようですが、乾式施工も可能かと思います。

ただし湿式の方が硬化スピードを速めることが出来るため初期性能は安定するはずです。また注意点として硬化系全般ですが汚れ、水垢などをコーティングの中に閉じ込めますと非常に除去困難になりますので十分にダメージ処理を行ってから施工に臨んで下さい。

全体の施工の流れとしては手洗い洗車 →塗装ダメージ処理 →水分拭き取り →絞った濡れクロスにコーティング剤をプッシュ適量 →コーティング剤を塗り広げたら軽く空拭きで完了です。硬化系でも半湿式出施工でき、なおかつムラになりにくく空拭き工程を簡素化できるメリットは大きいと思います。

以上がDiaglanz SP1の簡易的なまとめになります。

スポンサード リンク