カーシャインHR-1過熱実験


スポンサード リンク



シラン系硬化型+レジン樹脂複合ガラスコーティング、Diaglanz HR-1の過熱実験

■カーシャインHR-1加熱の様子

HR-1加熱前の様子 シラン+レジンポリマーのハイブリッドガラスコーティングDiaglanz HR-1の加熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

若干濁った半透明でIPAのアルコール臭がします。同社SP-1より臭いはきつく無いと感じました。
過熱燃焼中 やはりIPA含有という事で発火は免れませんでしたが、SP-1のようなビックファイヤーにはなりませんでした。樹脂系の成分が混合しているので燃焼が緩くなったのかもしれません。

どちらにしても可燃性ですので注意が必要です。火気厳禁の表記もあるところはさすがのカーシャインさんです。
赤熱燃焼中 蒸発後、更に残留物質を加熱し、赤熱状態まで移行させます。SG-1などと比較するとかなり残留物質は少なく、比例して赤熱する部分も少ないです。

同社カーシャインの製品はSP-1、SG-1、HR-1など似た名前で色々有りますがそれぞれの性質は結構異なっているようです。
残留物の考察 加熱後の残留物です。若干黒くなってしまったのはレジンポリマーかのせいだろうか?レジンもかなり耐熱性には優れていますので実用上の問題になる様な成分劣化は起こさないと思います。

残留物はかなり少なめですが一部皮膜状になった部分も見られました。

過熱実験から解るカーシャインHR-1の性質等

シラン系硬化被膜型+レジンポリマーという私にとっては真新しい組み合わせのハイブリッドガラスコーティングで気になっている製品です。やはりシラン系の溶剤としてIPA(アルコール)は入っているようで臭いはアルコールで可燃性でした。

色は透明ではなく半透明。若干濁っている程度でガラス繊維系のような乳白色ではありません。燃焼は比較的穏やかでしたが蒸発後に残った残留物は少なめで有効な成分の固体としても量は少なめなようです。

加熱後のカーシャインHR-1蒸発面の考察

見ての通り残留物は僅かでSG-1と比較すると10分の1程度の量です。といっても残留物が多い=高性能とはとても結びつきません。当実験はコーティング剤の性能ではなく性質を測る実験ですので参考までに。

若干黒く焦げたような部分もありますが一方でSP-1を加熱した時のような半透明皮膜状の物も存在しています。焦げたのはレジンポリマー(樹脂成分)でしょうか?分かりませんが純シラン系では見られなかった現象です。

ただレジンは耐熱、耐劣化性の高い物質ですのでHR-1の公称効果4~6ヶ月内に置いては特に影響ないかと思われます。(もとより1500度付近の耐熱耐性は必要ありませんが)

残留した物質はコンパウンドで除去可能でしたが若干頑固で取れにくいような部分も存在しました。以上がDiaglanz HR-1の過熱実験です

スポンサード リンク