PG1 シルバー過熱実験


スポンサード リンク



ガラス成分配合コーティング剤PG1シルバーの加熱実験結果と考察について

■PG1シルバー加熱の様子


PG1シルバー加熱前 ガラス繊維珪素系コーティング剤PG1シルバーの加熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

ほとんど無臭で色は乳白色、色が濃いわりにはサラッとしています。
PG1シルバー加熱中の様子 水分が多いせいか蒸発スピードは急激で沸騰も激しい感じですが、溶剤を使用していないらしく炎は上がりません。私的に「無(有機)溶剤」である事は無機より重要な気がします。

ガラス繊維系の中にはバチバチ飛び散るものもありますがPG1シルバーに関してはありませんでした
加熱赤熱状態の様子 蒸発後、更に残留物質を加熱し、赤熱状態まで移行させます。この状態では被膜化したような感じになり赤熱状態になっています。

残留している物質自体は僅かで被膜化した部分も極薄いですがキレイに残っています。
加熱後の残留物の観察 何も残っていないように見えますがペロンペロンの薄い半透明の膜が残っています。一般的なガラス繊維系の場合白く粉のようになりますが、そのような残留はありませんでした。

プレストコートもこんな感じの残留感でしたがPG1シルバーは残留物がほんの僅かでした。

過熱実験から解るPG1シルバーの性質等

過熱実験の結果から見ても可燃性の溶剤などは含まれておらず、白い色のわりにはサラッとしていて、ほぼ無臭という事で見るからに・感じるからに無害っぽく安心して使えそうな気がします。ただし界面活性剤付着のままの乾燥には注意が必要ですが。

有効成分のジメチルポリシロキサンは別名シリコーンオイルとも呼ばれていますが水分と親和していますし、思い描くような劣化、酸化が激しい油とは異なり非常に安定した化学物質で多岐にわたって利用されています。加熱後のフィルムのようなものはシリコーンだと思われます。

加熱後のPG1シルバー蒸発面の考察

液剤自体かなり水っぽい印象を受けましたので残留物質はどうかな?と思っていましたが薄いフィルム状の物が残りました。量にすれば僅かですが、兼価な製品ほど蒸発してしまえば何も残らないタイプの物も多いので加熱蒸発後に残った成分は何かの手がかりにはなります。

もっとも加熱後の残留物が多いほど優秀であるということは無いでしょうが、同容量のコーティング剤を過熱したとき希釈率の実態などはある程度分かってしまいます。

残留した皮膜に関してはコンパウンドで擦ることによって容易に除去することが可能でした。

以上がPG1シルバーの過熱実験です。

スポンサード リンク