PG1 black過熱実験


スポンサード リンク



ガラス繊維珪素系コーティング剤PG1ブラックの過熱実験の考察結果

■PG1ブラック加熱の様子


PG1ブラック加熱前 ガラス繊維珪素系コーティング剤PG1 blackの加熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

ステンメッキ仕上げのおたまに液剤を垂らして観察したところ液はかなり高濃度でドロッとすらしています。匂いはブリス系です。
加熱中の様子 通常はガラス繊維珪素系であれば無溶剤で燃焼しませんので安心できます。若干バーナーの炎に干渉して赤く火炎色を変化させているような点も他のガラス繊維系と変わりありません。

グツグツ煮えています。それにしても濃い感じのコーティング剤。蒸発スピードも早くはありません。
PG1ブラック赤熱状態 蒸発後、更に残留物質を加熱し、赤熱状態まで移行させます。残ってこびり付いた物質が被膜化してめくれ上り赤くなっているのが分かります。

見た感じもブリスなどと同様の感じです。赤熱部分や残留している物質も多めです。
加熱後の残留物 ガラス繊維系全般に見られる現象で全体的に白く粉を吹いた様な状態になっています。他の物と比べると若干灰色っぽい感じもします。

最初の液剤の量にしては残留物質は非常に多く「成分」の濃さを感じさせる結果となりました。

過熱実験から解るPG1ブラックの性質等

過熱実験の結果から見ても可燃性の溶剤などは含まれておらず、加熱後の様子から判断するとブリスなどと同系列のガラス繊維珪素系コーティング剤である事が推測できます。ただし繰り返し書かせていただきますが、残留成分の量や液体粘度から判断してもブリスより更に濃い液剤である事がわかります。

言うならば乾式施工できる濃いブリスといった感じが私の印象です。(艶、耐デポジット、耐久性などの性能等はまだ未検証での印象)。

加熱後に確認したところ若干焦げたような感じになっており、白というよりも灰色になっていたことが気になりましたが完全無機ではないにしても、1000度を超える高熱でこの状態ですから耐劣化性の高い実用上ほぼ無機の性質である事が推測できます。

加熱後のPG1ブラック蒸発面の考察

少量高額製品で加熱前の液材量は少なめにしましたが、加熱終了後の残留物質はかなり多く、今まで濃いいと思っていたブリスを上回ります。しかしながら濃ければこうせいのうというワケでも無いと思いますのでこの辺は誤解の無いようにお願い致します。

除去に関しては硬化系のように取り難くもなく、他のガラス繊維系コーティング剤同様にコンパウンドで比較的簡単に除去が可能でした。

以上がPG1 blackの過熱実験です

スポンサード リンク