This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > グラスガードの評価 > ウィルソン・グラスガードの効果解説

ウィルソン・グラスガードの効果解説


スポンサード リンク



2液硬化型ガラスコーティング、ウィルソングラスガードの効果、性能、使用用途などを簡易解説

■ウィルソン・グラスガードについて


ウイルソン グラスガード
ウイルソン グラスガード は言わずと知れた大手カーワックス・ケミカル用品の会社ウィルソンから発売されており、市販品としては珍しい2液型かつシラン系の硬化被膜コーティング剤です。

ライトカラー専用で小型、中型、大型車用の3種がラインナップされており濃色車用の同製品は2007,8現在発売されておりません。

楽天では取り扱いが少ないものの購入は可能、送料を考えると近くにカー用品店がある場合そちらを探した方が安く付くかと思います。

グラスガードの成分

グラスガードは硬化被膜型のガラスコーティングです。成分として記載されている項目はA液:シラン化合物、石油系溶剤でB液:硬化促進剤、トルエンとなっています。パッと見た感じの成分は・・・なんて塗装に悪そうな成分なんだ・・・という感じです。

シラン化合物はガラスコーティングの硬化被膜に転化する主剤です。グラスガードのA液剤は分離している白いものがありますのでシラン+珪素系の成分が混合されているのではないかと推測しています。また主剤のシランの溶剤には石油系を用いているようです。

B液は硬化促進剤とトルエンですがトルエンについては言わずと知れた有機溶剤で毒性を有しており現在では建築関係他の使用が禁止されているものです。硬化促進剤については具体的に何を示しているかは不明ですが、シラン系のコーティング剤は酸で硬化促進される為酸性の物を指しているのかもしれません。

事実硬化促進剤であるB液のPH(ペーハー)値を測定したところ2~3の強酸性に近い値が確認できました。揮発していくものとは言え塗装に心配が無いといえば嘘になる感じはします。

グラスガードの使用用途・範囲

使用用途は自動車ボディー(塗装)部分のみとされており、ボディーカラーもホワイト&ライトカラーに限定されておりその他のボディーカラーへの使用は「厳禁」と記載されています。色によって塗装の成分は違いますがその部分を指しているのではないでしょう。

大抵の車はクリアで最終工程を仕上げていますので表面の質としては色ではあまり変わらないからです。こうなってくるとムラなどの対策として濃色車を避けているとしか思えなくなってくるワケですが推測の域を出ませんし不明です。

そのほか未塗装、皮、樹脂、プラスチック部品には使用不可能で、再塗装、外車塗装は目立たないところで試してからと言うことです。これはトルエンや石油系溶剤(トルエンも第1種石油溶剤ですが)を使用しているのですから樹脂類への攻撃性を加味すると当然でしょう。

ちなみにガラスに対しては理論的には接着できるはずですが未検証です。

グラスガードの効果(メーカー等の公称)

特に効果持続期間や耐久性については明記されていませんが、その代りに1年間ノーワックス、とあります。(CPCとの訴訟関連の事があるので)ウィルソンさんだけにこの表現は引っかかりますが冗談抜きで耐久性に関してはかなり高い部類になると思います。

ここでいつも問題になるのは、何の持続期間を持ってして耐久性とするのか?という問題です。撥水状態だけで考えるなら撥水基が潰れてしまえば撥水しなくなるので恐らく1年も持たないでしょう。艶というのも視覚だけではなく個人の感覚が大いにあるので難しい所です。

しかしながら少なくとも石油系の物よりかなり協力に被膜が形成されていることは特殊実験でも確認されていますので、耐久性に関しては市販品でも群を抜いていると判断しています。

グラスガードの基本的な施工方法

施工方法としては洗車後に水分を完全除去してから塗り広げていく「乾式施工」タイプのコーティング剤です。湿分硬化なので水分の混入は硬化ムラなどになる恐れがあります。しかしながら一部硬化系コーティング剤は湿式でも施工できる事実がありますから施工方法は「限定」しませんが推奨は以下の通りです。

全体の施工の流れとしては手洗い洗車 →水分拭き取り →乾いた状態でグラスガード乾式施工 →乾拭きで艶出しと仕上げ。といった流れです。特に拭き取り残しはかなり強力に固着し、ワックスの比ではありませんので十分に確認してください。

放置した場合の様子は特殊実験で試しました。グラスガードの施工後放置実験で様子を確認してください。

硬化系のコーティング剤ということで失敗に対するリカバリーに関しては非常にシビアで効きにくいですが、放置時間の厳守、直射日光下・高温時の施工禁止を守れば意外と簡単に施工できます。心配なら放置時間を短く(5分程度)取って2回塗ると効果的です。

以上がウイルソン グラスガードの簡易的なまとめになります。

スポンサード リンク