クリスタルシールドの過熱実験


スポンサード リンク



ハイブリッドポリマーコーティング、シュアラスタークリスタルシールドの過熱実験

■クリスタルシールド加熱の様子

加熱前の様子 ガラス繊維珪素系コーティング剤シュアラスター クリスタルシールドの加熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

薄い白色で、そのまんま石油+何かの香料という体に悪そうな臭いです。
加熱燃焼中 予想していたといいますか、正直やりたくなかったのですが他のコーティング剤と比較のため実施しました。

当実験に参加しているコーティング剤で硬化系コーティング以外が発火したのはコレが初めてです。しかしながら石油類、火気厳禁と書いてありますから・・・。
クリスタルシールド消化後 黒煙がモクモクあがりましたので消化バケツに投入して消化しました。残留物も何もありません。油と煤の残りだけです。

一応実施してみたものの比較になりそうな要素は特に見当たりませんでした。

過熱実験から解るクリスタルシールドの性質等

とりあえず分かってはいましたが過熱実験では良く燃えて、黒煙が出るということが判明しました。そもそもこのコーティング剤にはしっかりと「第四類第二石油類、危険等級Ⅲ、火気厳禁」と明記されています。さすがシュアラスターです。

ここで疑問に思ったのは他のコーティング剤で明らかに石油類でよく燃えるものが使用されているのにもかかわらず、表記が全くされていない物があるのですが消防法的にはどうなのでしょうか?表記しなくてもOKな物を表記しているとは思えないのですが・・・。

とりあえずシュアラスタークリスタルシールドは、石油系を用いたハイブリッド型のリキッドワックスだということはハッキリしました。溶剤を含む有機のコーティング剤です。明記されていますし、実験しなくとも性質は極めて分かりやすく誤解も少なかったです。

加熱後のクリスタルシールド蒸発面の考察

残念ながら過熱実験は途中放棄してしまいましたので残留物といったものは無く、石油類が燃焼した際の煤が残っているだけで、後は油が付着しているだけです。

そもそもこの過熱実験はコーティング剤の性能を測る実験ではなく、性質そのものを確認する興味本位の実験なので、良く燃えるから良い、悪いという概念はありません。ただ分かることとして石油系で有機であるということです。

以上がシュアラスター クリスタルシールドの過熱実験です

スポンサード リンク