ナノガラス・ブラックレーベル加熱実験


スポンサード リンク



ガラス繊維系コーティング・ハイブリッドナノガラス・ブラックレーベルの加熱実験結果と考察

ナノガラス・ブラックレーベル加熱の様子


ナノガラス・ブラックレーベル加熱前 ガラス繊維珪素系コーティング剤ハイブリッドナノガラス・ブラックレーベルの加熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

臭いは若干アルコール臭で色は半透明白色です。
ハイブリッドナノガラス・ブラックレーベル加熱・沸騰中 IPAが入っているため若干発火して燃焼します。シラン系のガラスコーティングに比べるとほとんど燃焼しないため混入油糧は施工補助程度で僅かだと思われます。

液体が残っているうちはグツグツ沸騰します。
赤熱状態 蒸発後、更に残留物質を加熱し、赤熱状態まで移行させます。見ての通り加熱に使った液材量は高額製品ゆえに僅かです。にもかかわらず赤熱部分及び残留物はかなり多いです。

コーティング剤の成分としての濃さをうかがい知る事が出来ます。
加熱後の残留物 前作ハイブリッドナノガラスとはあまり似つかない結果です。前回では塊状に白く残ったのですが、今回は被膜がめくれた感じ(ブリスなどと同様)に成りました。

しかしながら画像では分かりにくいかもしれませんがめくれた皮膜状の物が他のコーティング剤より若干厚めでした。

過熱実験から解るナノガラス・ブラックレーベルの性質等

まず加熱前の様子ですが少量高額製品で現在一応メインで使用しているものなので少量にさせていただきました。IPAで希釈されている割には粘度が若干あり沸騰中もグツグツ煮えるような感じでした。

また完全に水分が飛んでから残留物質を更に加熱し赤熱状態にした段階でのコーティング剤の量に対する赤熱している部分の割合はシラン系硬化被膜型をあわせてもTOPレベルの量です。要は水分が少ないと言うことです。

灰色+白の被膜がめくれるような感じで収まりました、一見焦げのように見える部分もありますがセルロース繊維が入っているコーティング剤は若干この傾向が見られます。(ブリスやPG1ブラックなどなど)

元々セルロース自体有機の天然ポリマーなので焦げます。結合の安定性は抜群で逆にどうやって液剤に溶かし込んでコーティング剤の成分として存在させているのか気になるところです。

加熱後のナノガラス・ブラックレーベル蒸発面の考察

シラン系のように真っ白にはならず若干灰色がかった部分と白の混合残留物です。赤熱まで熱してみると他のガラス繊維系同様にめくれあがった被膜のようなものが残りましたが、少量しか熱していないにもかかわらず厚めの物質が残りました。

最もこの過熱実験ではコーティング剤の性能と言うよりも性質を見るために興味本位で過熱燃焼しているだけで、濃いからコーティング剤の性能が良いと言った検証では有りません。性質を知るための一因の検証だと思ってください。

残留した皮膜に関してはコンパウンドで擦ることによって容易に除去することが可能でした。

以上がハイブリッドナノガラス・ブラックレーベルの過熱実験です

スポンサード リンク