This page:洗車コーティング実験室 TOP > 洗車機・洗車場 > 洗車機の種類・機械洗車の是非 > 洗車機の種類と特徴

洗車機の種類と特徴


スポンサード リンク



洗車機の形やブラシ素材(ノンブラシ洗車機含む)の種類やその特長について

洗車機の形

コイン洗車場やカーディーラー 、ガゾリンスタンドなどで使用されている多くの洗車機は門型洗車機です。その中でも大分すると以下のように2つに分けられます。

ドライブスルー型洗車機

洗車に特別こだわっていない回転率を上げるための洗車機としてガソリンスタンドなどでよく見かけるドライブスルー方式の洗車機で、その名のとおりであらかじめ設定したコースを乗員が乗ったまま洗車機に入って通り抜けます。

洗車機自体が大きく移動するタイプと違って洗車機自体の全長が長く、工程の中でシャンプー、コーティング、ブロワーなども一体化されている機種です。結局のところは通り抜けられるセルフ型という意味合いです。

メリットとしてはやはり乗ったままスピーディーに洗車を完了できることですがコースの多彩さはセルフ型に劣り融通は利かない点はあります。だからこそドライブスルーなのですが・・。

私の知り合いでは「もう1周してくるわ」という変わり者もいましたがそのような人は稀でしょう。またセルフ機も同様なのですが車の位置の調整がうまくいかない、車内に乗っているとなるとどうしても車の操作が不安というのは意外と聞かれます。

セルフ型洗車機

敷地の面積的な問題もあってかコイン洗車場やガソリンスタンド、カーディーラーで多く普及しているのはこちらのセルフ型洗車機かと思います。

セルフ型と言っても洗車機なので当たり前ですが洗車は自動です。ただドライブスルー型と異なり車外でコントロールパネルを操作してあとは車ではなく洗車機が動いて洗車を完了してくれるものなので、車を操作しなければいけない不安感はありません。

また洗車機の機種やガソリンスタンドやコイン洗車場の趣向性もあるのでしょうが多彩な設定やコーティング剤やワックス施工まで一連をこなしてくれるものも有り、ユーザーニーズに多様に答えてくれる柔軟さはドライブスルーより優れているような感じがします。

セルフ型洗車機をうまく活用する

家の前を洗車場として使えたり、自由に水や設備が使える環境にある場合はいいのですが、日本の洗車事情は実際のところそんなにいいとは思えません。事実、私も職場以外での洗車は滅多にしません。と言いますのも出来る環境が少ないからです。

そんな中庶民を助けてくれるのはコイン洗車場の存在ですがコイン洗車場をうまく使って洗車するにはセルフ型の洗車機のコースをうまく使って洗車することが必須と言えます。(手洗いしかしない場合は洗車機は使わないでしょうが・・・)

例えば洗車機の中でも手洗い機能と言うものを残してある場合もあります。コイン洗車場、ガソリンスタンドの洗車機にもこういった機能が残っている場合があります。カーディーラーなど「中の人」が使う機種には必ずと言っていいほど手洗いの機能が付いています。

悲しいことにコイン洗車上の場合は回転率の関係上か、時間制限の関係上か手洗い機能は淘汰される傾向にありあまり見たことがありません。もしこの機能が付いている機種が置いてあるコイン洗車場を発見したらラッキーです。

また最近流行り?のブラシレス洗車機は低額な場所があれば手洗い洗車派でも洗車前の下準備として活用できますし、妥協するにしてもムートン洗車やスポンジブラシ洗車など傷に気を使った洗車機のブラシは多く出てきています。ブラシの種類については別途解説します。

一番使えるのはブロー機能が単体で使えるセルフ洗車機でしょうか。湿式のコーティング剤なんかは施工した後に余剰成分を流したりするものですから再度拭き取り作業が必要になりますが、この時点で結構疲れている場合が多いかと思います。

水分はデポジット防止のためにもなるべく早く拭き取りたいのでブローを活用して洗車時間の短縮、及び労力低下を図るのが得策と言えそうです。

このほかにもセルフ型洗車機や、コイン洗車場の上手い使い方をご存知の方がいらっしゃいましたら是非とも洗車掲示板までご意見をお寄せくださいませ。

スポンサード リンク