カーシャインSG-1の過熱実験


スポンサード リンク



シラン系硬化被膜型ガラスコーティング、Diaglanz SG-1の過熱実験

■カーシャインSG-1加熱の様子


加熱前の様子 シラン系硬化被膜型ガラスコーティングDiaglanz SG1(カーシャイン)の加熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

無色透明でIPAのアルコール臭がしますが同社SP-1より臭いがきつく無いような気がします。
SG1燃焼中の様子 写真には上手く写っていませんがやはりIPAに引火し結構な炎が上がりましたが同社SP-1よりは随分マシでした。

液剤には火気厳禁の注意書きがありますしIPAが引火するのは当たり前なので致し方ないです。個人的に溶剤濃度は低い方が好きです。
赤熱以降後の過熱 蒸発後、更に残留物質を加熱し、赤熱状態まで移行させます。今までシラン系はこのような状態に移行する時は比較的塊のようになっていた印象が有りますが、SG-1は違うようです。

リアルクリスタルやG-hardとは若干異なる製品なのでしょうか?この様子はガラス繊維系に近いものがあります。
残留物の検証 加熱後の残留物です。白化して黒くなっているような部分はありません。成分的には油性表記なので有機成分が煤を出して黒くなりそうなものですが薄く白い被膜が複数めくれるような状態です。

SP-1とは様相が随分異なり、残留物の量も比較すると随分多くなっています。

過熱実験から解るカーシャインSG-1の性質等

同社カーシャイン同系のSP-1をすでに実験済みですが、この製品よりもIPA濃度が薄く臭いも、燃焼自体も穏やかだった様に感じます。可燃性である事には変わりありませんので火気には十分な注意が必要です。

残留物質の残り方は同系実験済みのリアルクリスタルやG-hardというよりもブリスなどのガラス繊維系により近い感じの残り方で意外と言えば意外な感じの結果に収まりました。

SP-1と比較すると明らかに残留物質の量や残り方が異なるため、成分的な差はかなり有り、同系と言えど別物のコーティング剤と考えたほうがいいかもしれません。

加熱後のカーシャインSG-1蒸発面の考察

白い被膜が幾層にもめくれあがるキレイな?感じの様子です。この物質は薄いので脆いのですが手ですり潰すとガザガザしており硬質な印象を受けます。

吸湿硬化系にもかかわらず吸湿させずそのまま液剤を過熱してしまったのでこの物質が実際のコーティング被膜になるわけではありませんが興味本位という事で。

残留した物質はコンパウンドで除去可能でしたが若干頑固で取れにくいような部分も存在しました。以上がDiaglanz SG1(カーシャイン)の過熱実験です

スポンサード リンク