カーシャインSP-1の過熱実験


スポンサード リンク



シラン系硬化被膜型ガラスコーティング、Diaglanz SP-1の過熱実験

■カーシャインSP-1加熱の様子


加熱前の様子 シラン主剤の硬化被膜型ガラスコーティングDiaglanz SP1(カーシャイン)の加熱実験を行います。使用するトーチ(ガスバーナー)は火炎温度1200~1700℃(MAX)で火炎は中火程度(約1300~1500℃位)で行います。

液体は無色透明で、かなりアルコール臭が強くなっています。
SP-1発火時の様子 見ての通り前代未聞のビックファイヤーで焦りましたが、冷静に近距離からシャッターを切った自分に乾杯。

溶剤がIPAなので黒煙は出ず意外と続行できそうだった為このまま過熱を続けました。IPA濃度が高いため燃焼はしやすいようです
赤熱燃焼中 蒸発後、更に残留物質を加熱し、赤熱状態まで移行させます。シラン系という事でもっと残留する物質が多いと思っていましたがIPAによる希釈量が多いようです。

残って被膜化赤熱している部分はG-hardやリアルクリスタルに比べると少なめです。
加熱後の残留物 加熱後の残留物の確認をしたところ焦げたような痕は一切無く、周囲は白くなりガラス状の薄い被膜のようなものが散りばめられた様になっています。

過熱実験の結果としては比較的きれいな形で検証、観察できた部類では無いでしょうか?G-hardなどより残留物は少ない様子です。

過熱実験から解るカーシャインSP-1の性質等

同系のガラスコーティング剤であるG-hardやリアルクリスタルを検証済みなのでIPAを溶剤としたシラン系ガラスコーティングが良く燃えることは知っていましたが予想を超えてよく燃えました。

恐らくIPA濃度というか希釈量が多いのだと思います。同社SG-1と比較してもやはりアルコールの臭いがきついのはSP-1のほうです。DIYユーザーに使いやすいように成分調整を細かく行った結果かもしれません。

燃焼が終わって液体がなくなると薄い被膜化した物が残りましたがコレがSP-1の有効主成分(アルコキシラン)でしょう。SG-1とはもしかしたら濃度だけではなくシラン化合物の種類も異なるかもしれませんね。本来湿分硬化反応なので急加熱してもガラスに転化しきれないと思いますが参考までに。

加熱後のカーシャインSP-1蒸発面の考察

薄く透明に近い被膜がめくれるというか割れて広がるような様相を見せており、この物質は硬質で脆い感じでした。本来湿分硬化のコーティング剤で、今回の実験のように急に過熱しても通常の被膜と同様の物が残るかは非常に疑問であり、あまり参考にならないかもしれません。

残留した物質はコンパウンドで除去可能で比較的取れやすく、特にこびり付きが残るような感じは受けませんでした。以上がDiaglanz SP1(カーシャイン)の過熱実験です

スポンサード リンク