カーシャインSP-1加水硬化実験


スポンサード リンク



シラン系硬化被膜型ガラスコーティングSP-1の加水硬化実験の考察結果

■カーシャインSP-1加水硬化の様子


加水前原液SP-1 これからカーシャインカーシャインSP-1の加水硬化実験を行います。まず透明な容器に液剤を移します。容量は5ml程度です。

液剤は透明で粘度もなく水のようです。臭いはIPAを溶剤としている為かアルコール臭がします。同社SG-1よりもアルコール臭は強めです。
加水後の様子 約2倍になるように水を加えます。シラン系の比較対象としてG-hardやSG-1などが挙げられますがこれらとは全く違った様子です。

加水した途端濁ってしまいました。意外と水とは親和性があるのか?これだと他のシラン系のように油性ではないのか?水性シランでは無いようですがどうなんでしょう?
1週間経過後の様子 1週間放置後。溶剤であるアルコールが揮発したせいか容量は1週間前の3分の1程度まで減少しました。SG-1に関しては1週間でほとんど硬化していましたがSP-1に関してはまだまだ液体状態。

上部に若干白く硬化し始めた様子が伺えますが先は長そうです。
ガラス?硬化物質 17日目水分が完全に蒸発して固形化したものが残りました。1部はシラン系硬化型ガラスコーティング特有の硬化物質(石英ガラスと言われている物質)が採取できましたSG-1に比べるとかなり少なめです。

同系の当サイト検証コート剤としてリアルクリスタル、G-hardがありますがそれらと比較しても少なめで異質です。
容器の中の様子 容器の中を真上から覗いて撮影してみました。透明ではなく白っぽい固形物質と、半透明の塊です。

上のように透明のガラスのようになった部分は僅かでした。恐らくこの半透明の部分は反応を終えていない為このような状態だと考えられます。透明度は時間とともに増していくのでは?と思っています。

カーシャインSP-1硬化実験のまとめ

シラン系ガラスコーティングであるSP-1は湿分硬化型(水分に反応して硬化)するタイプのコーティング剤である事が確認できましたが。その硬化スピードは同シラン系のG-hardリアルクリスタルSG-1と比較すると異質でかなり遅いことが判明しました。

確証には至らないのですが施工性を高める為に硬化スピードを意図的に遅くする為手を加えているか、他種ポリマーを混合させることによる変性被膜を形成するシラン系コーティングなのかもしれません。今まで使用したことの無いタイプです。

また硬化した塊ですがこれが石英ガラスであるかは言及しませんが、採取できた1部では非常に透明度が高く、脆いですが硬質な物質である事が確認できました。半透明部分に関しては今後変化が見込めるかと思います。

硬化実験から考えるSG-1の施工方法・裏技など

シラン系硬化型のコーティングである為、乾式施工だと思いこんでいましたが、これは半湿式施工が推奨されていることから端から純粋な硬化型コーティングでは無いと考えた方がよかったのかもしれません。当HPの特殊実験でリアルクリスタル湿式施工実験ではかなり危険な賭けのつもりでしたがSP-1はシラン系ながら普通に水分を使った施工を推奨していたわけです。

硬化スピードが遅いので吸湿をあえてさせるような施工方法でもムラができず簡単に被膜形成が可能となっているのかもしれません。耐久性が伴えばかなり良い部類のコーティング剤だと思います。

半湿式が可能なのだから多少の水分がボディーに付いたまま、SP-1を含ませたマイクロクロスで水分を拭き取りながら施工ということも、全く問題なく出来そうです。

以上カーシャインカーシャインSP-1の加水硬化実験でした。

スポンサード リンク